折り紙の動物たち。

折り紙昨秋からちょっと必要があって,折り紙で何種類かの動物を作った。昔だったら,誰かに習うか,本を探すか,自分で工夫をするかしかないのだが,今は便利な時代で,ネット検索でさまざまな種類のものを見つけることができた。

そのうちで,出来上がりを見て,はっきり何を折ったのか分かるものを使用したのだが,それがこの6種類。どうです?なかなかのものでしょ。真ん中の猫は,みんなに犬だと言われたけどね。

どれも伝承の折り方ではなく,作者がいるらしいけど,素晴らしいよね。神業の折り紙はため息つきながらみとれるばかりだけど,この6種類は,普通の小学生でも折れるレベルというところが,別の意味ですごい。

兎と象はもとの紙の大きさが同じ。で,出来上がりが,デカ兎とチビ象になった。

追記:参考サイトは,以下の通りです。
::ペンギン(魚拓です)::::::ラクダ(魚拓です)::キリン

「折り紙の動物たち。」への2件のフィードバック

  1. こんばんは
    参考サイト見せて頂きました
    こんなのを考える方の頭の中はどうなっているんでしょうね?

    ものを見たら展開図が浮かぶのでしょうか?(笑)

    頭が固い上に加齢ですので、私に取れば皆紙様です。
    オヤジギャグならまだ大丈夫かも?誤変換とも言います・・・。(涙)

  2. こんばんは。

    > こんなのを考える方の頭の中はどうなっているんでしょうね?

    本当に!! 手本があってもなかなか至難の業なのに。

    この6つの中では,兎に感心しました。こんなにシンプルに,しかも一目瞭然。

    juneさんのおっしゃる通り,みなさん,「紙様」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください