今年は,十六夜で。

 夕べは,中秋の名月でした。結構お月見できたところもあったようですが,今年の我が家からは無理でした。庭に出て,空を見上げてみたのですが,雲が厚く,満月の光は漏れていましたが,月影は望めませんでした。

 今夜は,十六夜(いざよい)。打って変わって見事な月夜。というわけで,庭からの写真は十六夜の姿になりました。お月さんの姿だけでは,去年との違いはわからないですが。

 中秋の十六夜とは時期の違う十六夜ですが,この言葉で頭に思い浮かぶのはやはり「十六夜日記」です。これを縦書きにしてみました。

「今年は,十六夜で。」への7件のフィードバック

  1. o6asanさん お早うございます
     綺麗な月が出ていますねー

     我家では月は干満話題が中心(職業が海関係多し)風流な話は出ません

    昨夜の夕食時話題は総理所信演説
    「エエ事言うてはるのにヤジがすごくて可哀想 何で静かに聴いて上げへんの?
     私は今度の総理大臣は一所懸命やってはると思う」

    「野党は反対意見を言うのが野党やと アホの一つ覚えやからねー
     この赤ワイン今開けたけど 渋みと少々エグイけれどどうぞ」

    「丸くはないねー」

    「そーやろ このワインは外れやねー料理酒にでも使って」

    「勿体無いやないの 私が呑んだげる」

     結局750mlフルボトル半分程空けられ話の続が大きく膨らみました

    「是だけ良い事をしようとしてるのに 野党は反対したらアカンのと違う」

    「震災復興にも反対し足引張よりますねんと
     国民にアピールする能力・努力に欠けてるのが日本の政治なんです」

    「難しい話なんやねー 私は風呂入って寝るわー」

     かくして電右衛門が山家の夜は更けていくのでした
                  (失礼致しました)

     

    1. 電右衛門さん,こんにちは。

      昨夜の十六夜の月はまことに見事でした。一昨日の満月は見れませんでしたが,一日遅れで堪能しました。

      なんかねぇ,辞めた菅さんのときもですが,周りの足引っ張りがひどすぎます,本人のカリスマ性が無いせいかもしれませんが。
      未曽有の大災害の対処に当たっては,日頃のわだかまりを捨て,親分を盛り立てて協力して事に当たるということが大事だと思うんですが,なかなかそうはいかないようで。

  2. これは、反映されましたです。

    ならば、「本文」

    当時60歳。
    阿仏尼が京都から鎌倉えと。
    とりあえず、牛車ですかねえ。従者を何人も従えまして。
    イヤ、知らんですが。

    今時の60歳と違いまして。鎌倉時代なら、相当なる高齢。
    所領を巡るの、公家法か、武家法の適用かと。
    公家なんやから、公家法に従うが第三者的見解なれどです<笑>
    我が子に所領を譲って欲しいと<武家法>
    オッとの、阿仏尼は藤原為家の側室でして。

    結果、背景は何ですが。云うだけは云わんとと。努力をしませんとと。
    我が子の為でして。

    現代にも通じるの骨肉の争いかと。
    当世よりも、凄い背景があるのかと
    されどの、どろどろをば、感じさせませんです。

    での、
    私め、横文字の羅列よりも、和文。
    例えばの、「いざよい」等々、奥ゆかしさ、謙虚さ、人間らしさ、気配り、配慮を感じまして。
    当世、益々忘れられつつあるの、日本人の心、日本人らしさを感じるです。

    ででの、
    一番に結構なるは、月見団子に、「みなずき<6月>」かと。
    和菓子大好き<笑>

    1. シバケンさん,改めて本文の方の「かへりごと(笑)」です。

      今回,読み直してみて思ったんですけど,神無月の16日に都を立って,29日に鎌倉についていますから,冬の旅なんですね。60の女性の旅路は大変だったろうと思うのですが,話に出てくる子供がまだ小さそうなんですよ(うち一人については,16歳という年が明記されています)。
      というか,私は子供が小さいので,阿仏尼がもっとお若いと思っていたんですけど,東下りのころにはシバケンさんのおっしゃるくらいのお年なんですね。

      教科書に載っていた阿仏尼の画像は確かに老けてますけど,昔の人だからかなり若い年でもそんなものだろうとか勝手に思っていました。ところが今回,改めて調べて計算してみたら,東下りは60歳近くなっており,子供の方は40歳くらいまで儲けていることになる。昔の人も,頑健な人は頑健なんだなとつくづく実感しました。だから,鎌倉までの旅もできたんでしょう。それと,かなり頻繁に都と通信をしていることに改めて驚きました。鎌倉に幕府ができて,京都と鎌倉の人の往来が増えてたんでしょうねぇ。

      受験の教材としてではなく,改めて紀行文として読み直すと驚くことばかりです。

      あっ,それからスパム扱いになっていたコメントについては,内容が重複したものになりますので,削除しました。ご了承ください。

  3. 原因判明<!>

    メール・アドレスの一部、加工品<?>は受付ませんねえ。

    例えば、「-」が入ってたり。

    にしては、「重複」でも無いですが。

    まあ、ええかと。受付されたら結構でして。

    1. シバケンさん,こんにちは。

      > 原因判明<!>

      今回,サイトを更新しましたが,それに伴い個人設定のスパム情報がすべてクリアされてしまったようです。
      一番初めに,シバケンさんからコメントをいただいたときにスパム扱いになったのを覚えていらしゃいますでしょうか。あの時と同じことが起こってしまいました。

      > にしては、「重複」でも無いですが。

      コメントの受け付けはできてるんですが,スパムになっているもので,「重複」となったようです。
      WordPressのスパム判定は「Akismet」を使っているんですが,*****1234@***.**のように数字の入ったものや,-の入ったものはスパム判定をすることが多いようです。スパムのアドレスはこのタイプが多いせいかもしれません。

      いずれにしても,サイト更新に伴い,スパム情報がクリアされてしまったことでご迷惑をおかけしました。
      今回については,「スパムではない」と「Akismet」に教えましたので,初めのアドレスでも大丈夫だと思いますが,サイトを自鯖に戻したときにまた起こりそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください