「都道府県型JPドメイン名」の新設の話。

 JPRSが26日付で「JPRSが、地域に根ざした新たなドメイン名空間「都道府県型JPドメイン名」の新設を決定」を発表した。昨日,INTERNET WATCHの記事TECH.ASCII.jpの記事/.の書き込みなんかを読んで,「へえ」と思い,JPRSのプレスリリース内に「なお、同時点でご登録いただいているドメイン名については、引き続きご利用いただくことが可能です。」の文言があるのを見て,「そりゃ当然だろう。でも,紛らわしい事態が発生するよなぁ」なんてことを考えていた。

 ところが,今朝RSSで更新をチェックしていたら,徳丸さんが日記に「都道府県型JPドメインがCookieに及ぼす影響の調査 」というのを書いておられて,どうも紛らわしいとかのレベルではないらしい。

 徳丸さんの日記の中に「高木浩光氏の日記で指摘された「cookieを利用できない」という欠陥」という文言があったので,高木さんのところも読みに行った。高木さんは「JPRSに対する都道府県型JPドメイン名新設に係る公開質問」というのを書いておられた。

 どっちを読んでも,私のレベルではよく理解できないが,ブラウザベンダーがしっかりした対応を早急に取ってくれることが望めないとすると,結構問題が起こりそうということらしい。

 該当DOMAINの価格があまりにも高いので,そんなに普及しないだろうということらしいけど,それは希望的観測で,悪用するものが利益を見込んで取得するということも考えられるネ。「都道府県型JPドメイン名」ということだから,取得者へのチェックは相当入るだろうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください