Windows7 HP 64bit SP1+CentOS6のデュアルブート-#2。

—–さて,《本編》です。—–

 CentOSの理研ミラーに行き,CentOS-6.2-x86_64-bin-DVD1.isoとCentOS-6.2-x86_64-bin-DVD2.isoをダウンロード。ダウンロードファイルの破損などがないか確認後―ハッシュとかを調べておけばいいかな―DVD-Rに焼く。これをDVSM-PC58U2Vを使って起動し,Let’s note J10にインストール。事前にBiosに入って,「起動オプション優先度」の#1を「USB光学ドライブ」にしておくこと。後で,「yum update」をするので,あらかじめランケーブルはつないでおく。

  1. 表示されたメニューの内,「Install or upgrade an existing system」を選んで[Enter]。
  2. メディアテストは時間がかかるので,スキップ。
  3. anacondaが走り出したので,これ以降は,「Shift+PrintScreen」でスクリーンショットが撮れる。 画像はpng形式で「/root/anaconda-screenshots/」ディレクトリに保存される。「Next」ボタンをクリック(図1参照)。
  4. 既定の言語(Japanese(日本語))を選んだのち,「Next」ボタンをクリック(図2参照)。
  5. 既定のキーボード(日本語)を選んだのち,「次」ボタンをクリック(図3参照)。
  6. Basic Storage Devicesを選んだのち,「次」ボタンをクリック(図4参照)。
  7. 自宅のランに参加させるので,ホスト名(デフォルトはlocalhost.localdomain)を設定し,左下の「Configure Network」ボタンをクリックして,以下の設定をする(図5参照)。
    有線の「System eth0」を「編集」ボタンをクリックし,「IPv4のセッティング」をクリックする。
       方式:手動
       アドレス:192.168.xxx.xxx
         <<-- 本機用のアドレス(サーバのアドレス:例192.168.1.2)    ネットマスク:255.255.255.xxx      <<-- 自宅ランのネットマスク(例255.255.255.0)
       ゲートウェイ:192.168.xxx.xxx
         <<-- 自宅ランのゲートウェイ(ルータのアドレス:例192.168.1.1)    DNSサーバ:192.168.xxx.xxx      <<-- 自宅ランのDNSサーバ(ルータのアドレス:例192.168.1.1) 「適用」「閉じる」ボタンをクリックして,元画面に戻り,「次」ボタンをクリック。
  8. タイムゾーンは東京のまま,左下の「システムクロックでUTCを使用」のチェックを外し,「次」ボタンをクリック(図6参照)。
  9. rootパスワードの設定後,「次」ボタンをクリック。
  10. 「Use Free Space」を選び,左下の「パーティションのレイアウトをレビューまたは修正する」にチェックをしたのち,「次」ボタンをクリック(図7参照)。
  11. 特に変更する点はないので,「次」ボタンをクリック(図8参照)。
  12. 「Write changes to disk」ボタンをクリック(図9参照)。
  13. 「デバイスの変更」ボタンをクリックして,ブートローダーのインストール場所を「ブートパーティションの最初のセクタ – /dev/sda6」に変更して,「OK」ボタンをクリックして,元画面に戻ったのち,「次」ボタンをクリック(図10参照)。
  14. インストールオプションから,「Minimal Desktop」「後でカスタマイズ」を選び,「次」ボタンをクリック(図11参照)。
  15. HDDへのインストールが始まり,少し時間がかかる。
  16. インストール終了後,DVDが排出され再起動を促す画面が表示される(図12参照)。ブートローダーを/dev/sda6にインストールしたので,このままではCentOSの起動はできない。DVDを再挿入して,「再起動」ボタンをクリック。
    一般的には,これでもう一度DVDからブートしてくれるらしいのだが,J10ではMACHINE CHECK ERRORというのが表示され,起動アクションが繰り返されたので,DVDを抜いてみたら,Window7が起動した。MBRがそのままなので当たり前だが……
    いずれにしても,このままでは,CentOSを起動できないので,まともに起動したWiondows7を使ってシャットダウン。

 
 実は,上の段階でかなり長いこと悩んだ。何が悪いのかわからなかった。CentOSを再起動しようとしているのに,それが見つからないので何か変なことになるのだろうが,どうしてこんな症状なんだろ。

 ところで,上記の手順で注意すべきところは,10.の「パーティションのレイアウトをレビューまたは修正する」にチェックをするだ。これをしないと,ブートローダーのインストール場所のオプションが出てこないで,MBRに上書きされてしまう。要注意!!!!

 さて,改めてDVDから起動する。

  1. 表示されたメニューの内,「Rescue installed system」を選んで[Enter]。
  2. 既定の言語(English)を選んだのち,「OK」。
    選択肢にJapaneseもあるが,どうせ2バイト文字は表示できないので,選んでも意味なし。
  3. 既定のキーボード(jp106)を選んだのち,「OK」。
  4. レスキュー イメージのあるメディア(ここでは,CD/DVD)を選んだのち,「OK」。
  5. Setup Networkingでは,「No」。
  6. Rescueでは,「Continue」。
  7. 「システムは,/mnt/sysimageとしてマウントされた。root environment でやりたいときは,chroot /mnt/sysimage を使って」などと書かれた確認ダイアログが出るので,「OK」。
  8. 再度「システムは,/mnt/sysimageとしてマウントされた」という確認ダイアログが出るので,「OK」。
  9. Start shell を選んで,「OK」。
  10. bash-4.1# が出たら,dfコマンドを打ってファイルシステムの現状を調べる。
    Filesystem 1K-blocks Used Available Use%  Mounted on
    /dev 1981576 220 1981356 1%  /dev
    none 256000 132616 123384 52%  /tmp
    /dev/loop0 132224 132224 0 100%  /mnt/runtime
    /dev/mapper/vg_o6asan-lv_root
    24484236 2364000 20876488 11%  /mnt/sysimage
    /dev/sda6 495844 32897 437347 7%  /mnt/sysimage/boot
    /dev 1981576 220 1981356 1%  /mnt/sysimage/dev
    /dev/tmpfs 1981576 0 1981576 0%  /mnt/sysimage/dev/shm

    我が家のは,こんな状態だった。

  11. ddコマンドで,GRUBをインストールしたパーティション(ここでは,/dev/sda6)のブートイメージを作成する。Ⅴ.Linux の起動 (by grub)によると,grubの分割方法は 2分割 (stage1 + stage2)と 3分割 (stage1 + stage1.5 + stage2)があるが,Linux と同時に (CD から) インストールした grub では、通常 2分割でインストールされるらしい。というわけで,今回のような場合に作るブートイメージとしては,stage1だけをコピーすればいいらしい。したがって,bs=512,count=1ということになる。
       dd if=/dev/sda6 of=CentOS6.img bs=512 count=1
  12. 256MBのUSBフラッシュメモリを挿す。fdiskコマンドにlオプションをつけて,パーティション情報を一覧表示する。
         fdisk -l
    一番下に,/dev/sdb 262MB というのが表示され,その下に,/dev/sdb1 があるのが分かる。ここに,CentOS6.img をコピーする。
    USBフラッシュメモリ用のマウントポイントを作成する。
         mkdir /mnt/usbfm
    次にマウントするが,先ほどのfdiskにより,ファイルシステムが,W95 FAT32 であることが分かっているので,[ファイルシステム]=-t vfat,[デバイス]=/dev/sdb1,先ほど作った[マウントポイント]=/mnt/usbfm 。したがって,下記でマウントできる。
         mount -t vfat /dev/sdb1 /mnt/usbfm
    cpコマンドで,CentOS6.imgを/mnt/usbfmにコピーする。
         cp CentOS6.img /mnt/usbfm
    lsコマンドに-lオプションをつけて,ファイルがコピーされたこととサイズなどを,確認する。
    USBフラッシュメモリをアンマウントして,抜く。
         umount /mnt/usbfm
    Shellをexitし,DVDを取り出したのち,Rebootを選んで,「OK」。

    コマンドを調べるのには,Linuxコマンド百科辞典が便利です。<<--- お世話になっております。m(_"_)m  

  13. Windows7が起動したら,USBフラッシュメモリからCentOS6.imgをDドライブにコピーし(Cドライブでも別にかまいません),cmd.exeを「管理者として実行」で起動する。
  14. bcdedit /? として調べてみると,createが関係ありそうなので,bcdedit /? /create で確認すると,例に
    bcdedit /create /d “Windows Vista” /application osloader
    というのがある。これを手直しすればいいと思われるが,<apptype>として,
    BOOTSECTOR,OSLOADER,RESUME,STARTUP があるので,この中では,多分,BOOTSECTORだろうと思い,
    bcdedit /create /d “CentOS 6” /application BOOTSECTOR
    として,エントリを作ってみた。
    「エントリ {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882} は正常に作成されました。」というのが出る。
  15. bcdedit /enum {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882} で確認してみると,
         identifier     {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882}
         description     CentOS 6
    だけができている。
    Windows VistaとLinuxを共存させるには(Windows Vista編)を見る限り,オプションとして最低限必要なものは,deviceとpathなようなので,
         bcdedit /set {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882} device partition=D:
         bcdedit /set {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882} path \CentOS6.img
    を実行。
    最後に,
         bcdedit /displayorder {bcbcfa1a-0646-11e4-8a98-a6d104c38882} /addlast
    でブートマネージャーの表示順序の最後に追加。
  16. bcdedit[Enter]でリストを確認してみたら,確かに最後に追加されている。
  17. さて,再起動してみるかな。おー,起きましたね。
    では,改めて,Windows7にログインして,新しいブートイメージのバックアップもとっておきますか。
  18. 保存   bcdedit /export F:\Dual\bcd
    確認   bcdedit /store F:\Dual\bcd

 
 こんなとこかな。起こしてみると,Grubの起動一覧にWindows7が入ったまま(上の図10のところで削除しときゃよかった)とかが気になるが,その辺の修正は後回しにしておいて,ひとまず,Windows7のBOOTMGRを使ってのデュアルブートという所期の目的は達成した。yum update も済んだし,めでたし,めでたし。

《蛇足》
 ところで,サーバ練習機なのに「Minimal Desktop」をインストールしたのは,サーバ関係のプログラムについては,後でカスタマイズしていった方が,何を入れるかがはっきりしていいだろうと思ったからで,Desktopにしたのは,Windowsで根っからのGUIっ子になっているから,X が入っていないと不安なのだ(爆)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください