本家のお世話-#31。(WordPress3.3.2へアップデート&他)

投稿アップデート情報  追記(4/28)  追記2(5/2)

 WordPress 3.3.2 日本語版が出たので,淡い期待を抱きつつ,アップデートしてみた。淡い期待というのは,
Apache2.4.2とPHP5.4.0で起こっているクラッシュ&再起動に,何かいい影響はないだろうかという淡い期待である。時期的には,もう少し経たないと,新しいPHP仕様への完全対応は無理かもしれないとは思っている。WordPress 3.4に期待すべきかも知れない。

 「本家のお世話-#23。」に書いたように,親サイトの言語設定のせいかブログの「WordPress Updates」のページに日本語版が出てこないので,手動でアップデートした(4.22 @10:11)。今回,ファイル構成に特に変更はないようだ。

 ところで,相変わらずテンポラリ・サーバのままで運用している。

 juneさんから伺った HP Insight Diagnostics を調べてみたら,ちゃんとPC内にリンク先が書いたユーティリティがあったのでチェックしてみたが,異常は見つからなかった。もっとも,これが調べてくれるのは,システムの構成に出てくるデバイスレベルなので,電源の状態とかは分からない。しかしねぇ,どうもいろいろやってみたけど,サーバソフトを動かしていないとかなり負荷をかけても電源落ちはおきなかったから,ハードよりもこっち起因がメインだな。

 ところで,テンポラリ・サーバ上で以下のテストをやっている。
 Apache2.4.2+PHP5.3.10 の構成で2日。(2012.04.17 @1:23から2012.04.19 @1:23まで)
   エラー発生アプリケーション httpd.exe、バージョン 2.4.2.0、エラー発生モジュール php5ts.dll、バージョン 5.3.10.0、
が2度起こった。

 バクジラでなんか不可思議なことが起こり,その後,まともになったと言っていたApache2.4.2+PHP5.4.0RC8 の構成で2日。(2012.04.19 @1:23から2012.04.21 @1:23まで)
   エラー発生アプリケーション httpd.exe、バージョン 2.4.2.0、エラー発生モジュール php5ts.dll、バージョン 5.4.0.0、
が1度起こった。

 Apache2.4.2+PHP5.4.0 の構成で,(2012.04.21 @8:42から)なんだが,2012.04.22 @11:32までですでに4回のクラッシュが起きている。間にRC8を入れてみた効果は何もないようだ。もうちょっとこのままで運用してみるつもり。

 実際に,もともとのサーバ機に戻すときは,掃除もしっかりやっておかないとネ!! 「まだ,やってないのかっ」て,まだなんです(汗)。

追記(4/28):
 以下の構成で安定したよー,ぱちぱち。

  • WindowsXP HE SP3 (x86) 無理やりSP3をあててる
  • Apache 2.4.2 (VC9) (x86) Apache Loungeから
  • MySQL 5.5.23 (x86)
  • ActivePerl 5.14.2.1402 (x86)
  • PHP 5.4.1 (Thread Safe) (VC9) (x86)

 ということで,もともとのサーバ機に戻すことを考えなくては(爆)。

追記2(5/2):
 今朝,8時半ごろ, crash + restart が起きた。5日強で1回だから,劇的に減った。ありがちなメモリリークとかも調べてみないといけないかな。

「本家のお世話-#31。(WordPress3.3.2へアップデート&他)」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。o6asanさんなら、もう調べているかもしれませんが、XPベースのサーバ運用で似たような症状は良くあるみたいですね。私は全然分からないのですが、この方の12月12日からこの辺りまでの記事が参考になるかもと。
    http://sitifukuzin.com/blog/?m=20111217
    あとハード的なことですと、LANボードが不安定なことも考えられると思います。最近のはオンボードLANですが、もし拡張スロットがあるなら…
    うちのノートに、CPUのすぐそばがLAN端子のものが二種あるのですが、どんどんLANが壊れていきます。音なんかだったら出なくてもよいのですが、LANが壊れたら使い物にならなくて…
    LANボードはかなり熱を持つので、最近のo6asanさんの書き込みを拝見して少し気になりました。

    追記:タイプミスを直そうと編集ほクリックしたら、Stack overflow at line:2というエラーが出ました。なんとか時間がかかって編集画面にはなりましたが。以前はこういうことは起きていなかったと思います。

    またリンク先は、ここからクリックすると拒否されるようですので、URLをアドレス欄に入れてご覧ください。

    1. りりさん,こんにちは。

      ありがとうございます。

      > XPベースのサーバ運用で似たような症状は良くあるみたいですね。

      はい,そうなんですが,今回の Apache 2.4 + PHP 5.4 に関しては,XPベースだけではなく,Windowsベースで多発しているようです。

      kazenokakasiさんのところは,よくお伺いします。
      本家のお世話-#2。本家のお世話-#14。でも,引用させていただきました。今回も http://sitifukuzin.com/blog/?p=25915 で一度お伺いしていたのですが, http://sitifukuzin.com/blog/?m=20111217http://sitifukuzin.com/blog/?p=23470 と同一ページになります。)は見ていなかったので,行って来ました。残念ながら,対策済みの件のようです。

      特に,Apacheのログの件が書いてあったので,期待して http://sitifukuzin.com/blog/?p=26780 をのぞいてみたのですが, http://sitifukuzin.com/blog/?p=23470#comment-928 の方も書いておられるように,一般的なログの書き方のように見えます。前に流行っていたコードとkazenokakasiさんが書かれているのが,どのようなものを指しているのか明記がないので確言は出来ませんが,関係ないようです。

      LANボードの温度は,もともとのサーバを再稼動させたときに確認してみます。サーバダウンのときは,一度もその場に居合わせず,冷えてしまってから気づいたような状態だったので,はっきりしたことが分かりません。
      ただ,その後,サーバソフトを殺して当該機を起こしてのテスト稼動では,それほど熱くはならず,また,電源ダウンも起こっていません。

      今回,kazenokakasiさんのところにお伺いして,記事を読んでいるときにひとつ思い出したことがあります。実は,サーバ機のTCP/IPのプロパティで「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」のを忘れていて,ルータのログに「UDP connection denied from xxx.xxx.xxx.xxx:137 to ***.***.***.***:137 (br0)」が頻出していました。xxx.xxx.xxx.xxx はサーバのローカルIP,***.***.***.*** は外部のグローバルIPです。この設定は,昨年サーバを自宅に戻してからずっとなので,これが関係しているかどうかはっきりしませんが,該当日あたりに多かったような気もするので,関係あるかもしれません。
      なんともあやふやですが,実は,ルータのログを長期保存していないので,確認が出来ないのです(汗)。

      > Stack overflow at line:2というエラーが出ました。

      これは,Ajax Edit Commentsフリー版のバージョンアップ-#2のときにjuneさんからもご連絡をいただきまして,そのときにかなり調べてみましたが,解決がつきませんでした。
      根本的には,プラグインのスクリプト自体を扱わなければいけないようで,AECのサポートに修正の依頼は出したのですが,それ自体が現在どうしようもない状態になっていて,放置のままです。

      ただ,対症療法ですが,クライアントのブラウザの設定で何とかなるようです。
      現在私のLet’s NoteのIE9の場合だと,デフォルトで「スクリプトのデバッガを使用しない」になっていて,エラーはあっても表面には見えずに編集機能が使えるようです。この設定は,IE6のころから「インターネット オプション」の「詳細設定」にありましたので,ここを変えると同様の効果があるかもしれません。
      また,エラーが出た場合,デバッガを無視して進行させると使えたように記憶しています。

      > ここからクリックすると拒否されるようです

      最初のころは大丈夫だったんですが,途中で,設定を変えられたようです。Google の検索ページなどからは普通に跳べますので,Rewriteかなにかで制御されているのでしょうか。

      わっ,長くなってしまいました。ご笑納ください(爆)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください