本家のお世話-#35。(サーバ機テンヤワンヤ-#2)

 4/14(日)に臨時サーバにしてから,ずっとうっちゃらかしだったもともとのサーバ機の手当てに,5/6(日)から漸く取り掛かった。話の順序としては,本家のお世話-#34。の前のことになる。

 FHさんのところで,「(この際,ついでですから)ぜひ,CPUクーラーのお掃除を」という提案をいただき,重い腰を上げてサーバ機(DU936AV)のカバーを開け,掃除を始めた。
 中の埃のひどさはもちろんのこと,3つあるファン(電源ファン,システム・ファン,プロセッサ・ファン)はかなり汚れていた。後でjuneさんに言われて気づいたことだが,このほかにもう一つ,グラボにもファンがついていた。

 プロセッサ・ファンの埃はかなりのものだった。当たり前かもしれないが,ファンとヒートシンクの間にものすごくたまっていたので,シンクごと取り外して掃除機で吸い取った(図1)。このときは,グリスのことは念頭になく再固定した。

 何はともあれ,症状から電源のことが気になっていたので,電源ファンもきれいに掃除した。その後,電源を入れてみたら,なんと,電源ファンが全く回っていない。FHさんに伺ったら,シール(図2)をはがしてミシン油を注したらいいということだったので,ミシン油を買ってきて注してみた。教えてくださったとおり,中にゴムキャップがあった。油を注してから一晩おいて再度電源を入れてみたら,電源ファンは元気に回りだした(図3)。
 お世話になったFHさんの掲示板のやり取りを,転載させていただいた。まずは転載Part1です。ご覧ください。

図1
 
図2
 
図3

 ここに至って,ふと,グリスのことが思い当った。我ながらよく思い出したもんだ(爆)。