バスクに行ってきました-#7。

バスク旅行-#7 10月24日。

 前日,ビアリッツこのホテルに着いたときに,ここにツアーバスで来るのは場違いだなと思った。とてもいいホテルで,入り口のゲートは,バスには狭すぎた。このホテルにツアーバスでやってきて,1日か2日くらいしか泊まらないのは,日本人くらいのものなんだろう。まぁ,それが日本人のツアースタイルというものだ。彼らとしては,好むと好まざるとにかかわらず,受け入れざるを得なかったということだろう。

 この日は,初めにバイヨンヌアトリエ・デュ・ショコラの工場を訪問して,いろんな種類のチョコレートを試食した。残念ながら,実際の工程はあまり見ることが出来なかった。お土産にしようと思って,いろんなチョコレートを買った。味見したときに唐辛子チョコレートがあって,面白いと思ったので,これをお土産のひとつにした……つもりだったら,実際は唐辛子キャラメルを買っていた。失敗!!

 このあと,バスでバスク博物館に向かい,そこから,対岸のサント・マリー大聖堂に行くために,ニーヴ川の橋を歩いて渡った。大聖堂は壮大な,しかしなんと言うか,つぎはぎの建物で,上部は石灰岩,下部は砂岩で作られていた。

 この後,部屋にいたとき,メイドがターンダウン・サービスにやってきた。多分,ドアベルを鳴らしたんだと思うが,バスルームにいたせいか,はっきり聞こえなかった。で,返事しなかった訳だが,彼女は鍵を開けて勝手に入ってきた。部屋には,「Don’t disturb」の札もかけていなかったから,多分留守だと思ったんだろうが。このサービスのことを知らなかったので,勝手に入ってきたメイドを見て,びっくり仰天した。あとで聞いたところによると,このクラスのホテルだと,ターンダウンサービスは,基本サービスの一つだそうだ。だから,「いらない」と断られない限り,メイドはそれをしなくてはいけないわけで,彼女は職務に忠実だったということだ。前の日は,チェックインが遅かったので,ターンダウンの時間は終わっていた。何しろこんないいホテルに泊まったことがないから,いろいろと,初体験もある(^_^;)。

 バスク最後の食事は,L’Atelierという小さなレストランで取った。彼らの料理は nouvelle cuisine という感じがした。

 翌日は,日本へ向けて発つ予定。

 というわけで,今しばし,お付き合いを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください