バスクに行ってきました-#8。

バスク旅行-#8 10月25日。
 この日は,終日帰国のための移動だったが,家を出た日に比べてましなのは,そんなに早起きしなくていいことだった。ホテルを出てビルバオに向かうのは10:30の予定だったから,7:30に起きてゆっくり朝食をとった。前日,添乗員が話していたマミアがあった。私たちのために手配してくれていたようだ。ほかの人も食べたかなあ。さっぱりした感じだったけど,量が結構多かった。朝食後はホテルの周りを散歩するつもりだったが,この日はまた雨が戻ってきていたので,あきらめた。

border-sign ビアリッツのホテルからビルバオの空港までは約2時間かかった。ここで,またフランスとスペインの国境を越えた。両国ともEUの加盟国だから,国境と言っても何の手続きもなく車で越えるだけなのだが,道端には,右図のような道路標識がある。行きがけに撮り損ねたので,帰路で撮るつもりだったら,また失敗した(泣)。

 空港では,混雑していたのでスーツケースを預けるのにちょっと手間取ったが,それ以外は順調で14:25には,フランクフルトに向けて飛び立った。しかし,フランクフルトでの乗り継ぎ時間が何と4時間半ばかりあったのだ(溜息)。

 近頃では,大部分の空港で無料WiFiが使える。もちろん,セキュリティーには気を付けなくてはいけないが。成田空港でも,時間制限なく利用できて,登録に必要なのはメールアドレスだけだ。このメールアドレスも,フリーメールのでも構わない。ところが,フランクフルト空港では,1日に30分しか使えなかった。その上,PINコードがいる。このPINコードは,登録ページから国番号と携帯番号を送ると,6桁のが,SMSで携帯に送られてくる。こんなの。
 

Ihre PIN f~r 30 Minuten Internet bei FraPort lautet: xxxxxx
Ein Hotline-Anruf kostet 9 ct aus dem Netz der Deutschen Telekom. Mobilkosten abweichend.

 空港でのこういう方式は初体験だったんだけど,他の空港でもフリーWiFiでよくあるスタイルなんですか。

 今の時代でも,ヨーロッパと日本は遠いね。実際,家に着いたときは,もうちょっとで26日が終わりそうだった,もちろん,日本時間です。

 というわけで,やっと,「オ シ マ イ!!」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください