80年後のKENJI-#2

 今日が,80年後のKENJI~宮沢賢治 映像童話集~の第2夜でした。

 本日のラインナップは,
80年後のKENJI~宮沢賢治 映像童話集~ 第3回「汚れなき魂」

80年後のKENJI~宮沢賢治 映像童話集~ 第4回「転生」

 本日のお気に入りは,「月夜のでんしんばしら」でした。まあ,もともとが好きなんですが,ちょっと,絵柄がかわいすぎたかも……原作には聊か不気味なイメージも持っていました。「春と修羅」の原作も2集・3集と行くうちに,理解させなくてはというところがなくなっていく気がします。それだけに,読み手独自の心象があって,他の人のイメージは受け入れがたくなるのかもしれません。「薤露青」には,かなり違和感を覚えました。

 今回も,青空文庫を利用させていただき,縦書きにしてみました。縦書き集にも入れました。よろしければ,どうぞ。

 縦書き集は,Javascriptを有効にしないと読めません。(最低でもo6asan.com,ajax.googleapis.com,
nehan.googlecode.com,googlecode.comに対しては。) また,IE9,10の場合は互換表示で読んでください。どうやら,モダンブラウザで読んだ方が,間違いないようです。

梅にメジロ。

投稿アップデート情報  追記(2014.3.8)

 今日も今日とて, Flash Player 11.6.602.171 が出て,イタチごっこのゼロデイ解消だなと思っていたら,Apache-Usersメーリングリストで, CVE-2012-3499 および CVE-2012-4558 フィックスの Apache HTTP Server 2.4.4 のアナウンスがあったりと,何かとあわただしいです。細々と続いていた www.apache.jp はどうなったのでしょうか。つながらなくなって,もうずいぶん経ちます。ついに消えてしまったようです。 twitter には Apache.JP (temp.) があるのですが……上のリンクを web.archive.org のものに差し替えました。 2014.12.1 追記

 それはさておき(さておくんかい。いやいや,ちゃんと対処しますッ―笑),庭の梅花が見ごろで,毎日,メジロが来ています。大分チャレンジしたのですが,なかなかこれという画像が撮れず,高望みはやめて,このあたりで手を打ってアップすることにしました(爆)。

 よく,「梅に鶯」と言いますが,梅の花の咲くころに,うちの庭で鶯を見たことってないんですよね。まあ,「梅に鶯」は《梅に目白》の間違いだと言われています。花札の絵柄にしてもウグイスというよりメジロに近いです。ウグイスは虫喰いですから,春早く咲き虫もあまりいない時期の梅の花には,あまり興味がないのでしょう。

 Wikipedia 掲載の画像でもわかる通り,ウグイスってのは,地味な鳥ですからねぇ。鳴き声から,「メジロみたいな見た目だったらよかったのに」という,わが祖先の願望から来た間違いかもしれません。声の「仏法僧」と姿の「仏法僧」みたいに。

追記(2014.3.8):
 今日,検索語に「梅に鶯 間違」というのがあって,ググっていたら,こんな記事を見つけた。〔ウグイス考「梅に鶯」本当は「梅に目白」か?〕。記事を読んで,なるほどなと思うところもある。まぁ,ぴったりの理想だから,この考え方のほうが,正しいかな。春のとりあわせとして,「梅に鶯」は最高ということですよね。やはり,仏法僧の話と似ているなと思います。

2羽撮れた。10羽ほど来てた。
2羽撮れた。10羽ほど来てた。
こっち向いて!!
こっち向いて!!
嘴を花に突っ込んで,食事。
嘴を花に突っ込んで,食事。