気になっていること。

 先月末ぐらいから,何か失礼なことをやってしまったんじゃないだろうかと,気になっていることがあります。

 ちょっと長くなりますが,順番に書いていくと……

 80年後のKENJI123)の関係で,番組中に取り上げられた作品について,今回も青空文庫を利用させていただいて縦書き版を作りました。

 元テキストについては,概ね,青空文庫のXHTMLファイル版をそのまま使わせていただいているのですが,JIS補助漢字の部分など,ところどころアップ時に手を入れています。今回,⦅と⦆を使う必要があって,これについて,2/25に「縦書き文庫の開発日誌」さんのところに書き込みをしてご教示を願いました。(2013-08-21に移転され,移転に伴いブログの名称も変わっているようですが,リンクテキストはもとのままにしておきます。―2013.8.29追記)
        こんな内容です —>> JIS X 0213非漢字を,画像を使わずに縦書きに合わせる方法はあるだろうか。

 もちろん,実際の書き込みはもっと丁寧な文章で書きました。驚くほど素早い対応していただきまして,教えていただいたうち,

          .nehan3-rotate-90{
          -webkit-transform : rotate(90deg);
          -webkit-transform-origin : 50% 50%;
          -moz-transform : rotate(90deg);
          -moz-transform-origin : 50% 50%;
          -o-transform : rotate(90deg);
          -o-transform-origin : 50% 50%;
          transform : rotate(90deg);
          transform-origin : 50% 50%;
          }

を使ってみましたということと,もともと「ブラウザによって動きが違うと思いますよ」ということだったので,私が検証可能だったブラウザについての動作報告を,2/26(?)にお礼とともに書き込みました。ところが,いつまでたっても,ご返事がありません。

 今月半ばに別のブログで,書き込み不具合があったもので,「縦書き文庫の開発日誌」さんのところもそうなのかもしれないと,一昨日,再度,報告お詫びかたがた書き込みをしました。

 昨日までは,当該ページ(縦書き、横書き自由自在! あなたのブログをページ送りで表示させる最も簡単な方法)に,「管理者の承認待ち」という状態で書き込んだ形跡が残っていたのですが,今日は,またそれも消えてしまいました。しかも,管理人さんは,他の方のコメントに返事をしていらっしゃるのです。2度の書き込みが,2度とも削除されてしまったことになります。

 何かやらかしちゃったんでしょうか。大体,書き込みをしたときは文章の控えを取っておくのですが,2/26(?)分に限り,うっかり保存し忘れたので,細かいところで何か失礼があったのかどうか,確認のしようがありません。「縦書き文庫の開発日誌」さんは,今後もお世話になりたいところなのに,困ったことになりました。

 今回,この記事を書いているのは,「縦書き文庫の開発日誌」の管理人さんが,気づいてくださって,私が何をやらかしたのかをご連絡くださることを期待してなのですが,本当に,相手の方の気分を害するようなことをしでかしている場合には,それも無理でしょうね。

 溜息ばかり,出てきます。

 何をやっちゃったのかなあ。単に,スパム扱いになっていて,自動削除されたとかなら,まだ救われるんだがなあ。

「気になっていること。」への2件のフィードバック

  1. o6asanさん

    イヤ、私め、超の第三者故、経緯記載され、拝読すれどの、さっぱりですが<笑>
    又、百人百様での、思考回路も異なりまして。

    よって、あくまでもの、「私<シバケン>の場合なら」の話です。
    として、ここに、投稿する事、自体が、余計なお世話の世界と、思いツツ。

    原則、礼を重ね、無視されるなら、その程度の先様です。

    イヤ、私の場合、個人サイトの特定ファイルのリンク等々については、連絡手段有る限り、リンクの件、或いは、引用の件、連絡するを基本にしてまして。
    これは、私がやってるだけの事でして。別段に、余所様に強要したりはしてませんの、するに出来ませんの。
    非難されたりの、筋合いに非ずです。
    されどの、非難される事、あるですが<笑>

    で、
    先様より、応答無しが圧倒的多数。
    ですが、当方としては、連絡してます故、了解された。或いは、好きにせよの意であると、都合良くの、勝手に解釈してるです。
    イヤ、ダメな場合、その旨、連絡して戴きませんと、分かりませんです。

    されどの、応答無しも、別段の、気にはしてませんです。先様は、私ではありませんでして。
    私なら、内容拝読の上、必ずやの、何等かの返答致すですが。それは、私の事でして。余所様を同一視は無理があるかと。
    尚、当方に連絡受理で、ダメとの返答一度もありませんです。

    反対には、連絡無くの、勝手にリンク等々、引用されてての、発見しての、あんたなあと、苦言一発も致してませんですが<笑>

    つまり、バーチャルの世界も、現世も、似たよな話、数多あるかと。

    以上、くどいですが、「私<シバケン>の場合」を参考的に記載、余計なお世話哉と、思いつつの、投稿したのみです。

    当投稿、見当違いならば、平にご容赦を<!>

    1. シバケンさん,こんにちは。

      フォロー,ありがとうございます。

      > 先様より、応答無しが圧倒的多数。

      おっしゃる通り,そういう例のほうが多数です。
      ただ,「縦書き文庫の開発日誌」さんのところは,大変に素早く対応くださるところでして,他の方の書き込みを見ても,どなたに対してもそうであるようですし,私自身も,最初のお尋ねの時には,瞬時といってよい対応をいただきました。それで,大変に気になっているんです。もしかしたら,当該のページに有用でないコメントについては,取捨選択して承認をしているのかなと考えたりもしましたが,お礼・報告だけのコメントも表示されているようですし,そういうことでもなさそうです。

      nehanのオフィシャルといってよいサイトですので,今後もお世話になる必要があります。したがって,本記事には,

      > 単に,スパム扱いになっていて,自動削除されたとかなら,まだ救われるんだがなあ。

      と書きましたが,実際にはこれも困るわけでして,次回,何か聞きたいことができた場合には,受けられるはずの原作者のサポートを,頼りにできないことになるわけなんです。それで,痰ならぬ,「溜息一斗」の次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください