Windows7上にWamp系WebServerを建てる-#3。

 承前

MySQL 5.6 のインストール

  1. mysql-5.6.12-win32.zip をダウンロードする。
  2. Zip を展開する。
  3. Drive_SV (この間サーバソフト用に作ったドライブのこと) に ディレクトリ MySQL を作る。下記のディレクトリとファイルを MySQL にインストールする。我が家の場合,はずしたものはリモートでは使わないから,余計なものはサーバに置かないというポリシーで,こうしているだけなので,展開してできたものをすべてインストールしてもかまわない。
    • ディレクトリ
        bin
        data
        include
        lib  
        share
    • ファイル
        COPYING
        my.ini  <---   my-default.ini のまま,名前を変えただけのもの。
  4. さて, my.ini をカスタマイズする。 (Creating an Option File 参照。)
        # basedir = …..  —>  basedir = Drive_SV:/MySQL   (*) backslash(\) ではなく slash(/)。
        # datadir = …..  —>  datadir = Drive_SV:/MyDATA
    以下の一行を追加。
        explicit_defaults_for_timestamp = true
  5. data ディレクトリ (この時点では, Drive_SV:\MySQL\data となっている。) を Drive_SV: に移動し, MyDATA にリネーム。
  6. cmd.exe を管理者として起動する。
    >Drive_SV:
    >cd Drive_SV:\MySQL\bin
    >mysqld --console    (Starting the Server for the First Time 参照。)

    2013-07-30 08:22:26 3484 [Note] Plugin ‘FEDERATED’ is disabled.
              ・                 ・
              ・                 ・
    2013-07-30 08:22:27 3484 [Warning] No existing UUID has been found, …………
              ・                 ・
              ・                 ・
    2013-07-30 08:22:27 3484 [Note] mysqld: ready for connections.
    Version: ‘5.6.12’ socket: ” port: 3306 MySQL Community Server (GPL)

    上記以外の error や warning が出るときは, my.ini をもう一度見直す。ここで,多分 Windoes Firewall から 3303 port についての アラートが来ると思うので,しっかり確認の後,許可。

    もうひとつ cmd.exe を管理者として起動し, mysqld を止める。
    >Drive_SV:
    >cd Drive_SV:\MySQL\bin
    >mysqladmin -u root shutdown

  7. cmd.exe を管理者として起動する。
    >Drive_SV:
    >cd Drive_SV:\MySQL\bin
    >mysqld.exe --install
  8. コントロールパネル >> 管理ツール >> サービス
    MySQL を選んで開始する。
    ‘スタートアップの種類’ が ‘自動’ になっていないときは, ‘自動’ に変更しておく。
  9. Drive_SV:\MySQL\bin に Path を通す。

    root のパスワードを変更。

    cmd.exe を管理者として起動する。
    >mysql -u root
    >SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD(‘password’);
    > quit

    ログインできるかチェックする。
    >mysql -u root -p
    Enter password: ************
    > quit

phpMyAdmin4 のインストール。

  1. phpMyAdmin-4.0.4.2-english.zip をダウンロードする。
    Zip を展開する。
  2. ディレクトリ phpMyAdmin-4.0.4.2-english を phpMyAdmin にリネーム。
    展開ファイルの中の config.sample.inc.php を削除する。
    doc, examples, setup の 3 ディレクトリを削除する。
    使用中の config.inc.php を phpMyAdmin の中にコピーする。 (まったくの新規導入の場合は, Quick Install を参照。)

    ディレクトリ phpMyAdmin を Drive_SV に移動する。

  3. phpMyAdmin.conf を Drive_SV:\Apache24\conf\extra\ の中に作成する。
    phpMyAdmin.conf の内容:
         Alias /phpMyAdmin “Drive_SV:/phpMyAdmin/”

         <Directory “Drive_SV:/phpMyAdmin”>
              Options None
              AllowOverride None
              Require ip Lan IP range.
         </Directory>
         <Directory “Drive_SV:/phpMyAdmin/libraries”>
              Require all denied
         </Directory>

    httpd.conf をカスタマイズする (場所:Apache24\conf\)。
    Supplemental configuration 区画の最後に下記の2行を加える。
         # phpMyAdmin settings
         Include conf/extra/phpMyAdmin.conf

  4. Apache をリスタートする。
    http://xxx.xxx.xxx.xxx/phpMyAdmin にアクセスする。

         Username: root
         Password: MySQL root のパスワード

    ここで,画面の下のほうに次のような警告が出る。
         The phpMyAdmin configuration storage is not completely configured,
        some extended features have been deactivated. To find out why click here.

    phpMyAdmin configuration storage の構築を完了するために,使用中の database phpmyadmin をインポートする (まったくの新規導入の場合は, phpMyAdmin configuration storage phpMyAdmin 環境保管領域を参照)。

  5. Log out 後 log in すると,警告は消えている。
  6. root@localhost 以外のユーザは削除する。

    WordPress 用の user(WP-User) と database(WPdatabase) を作っておく。
    WP-user には, Grant 以外のすべての Global privileges を与える。 WP-user には, Grant 以外の WPdatabase privileges は与えるが, Global privileges は一切与えないこと。 collation は utf8_general_ci にする。

  7. Log out。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください