有名どころサイトの改竄について。

 今日も今日とて,デジタル記事を読んでいたら,一般紙でこんなのがあった。読売新聞です。「「見て感染」サイト急増…トヨタ・環境省も被害」というの。こういう無料バージョンの新聞記事というのは,リンクを貼っておいてもすぐ読めなくなっちゃうので,毎度ながらPDFバージョンも作っといた(「見て感染」サイト急増)。

 まあ,過去に WordPress の プラグインの作者のところで,ウイルスを仕込まれそうになったことがあるが,このときも,サーバを管理しているホスティングサービスがおおもとの問題で,かの作者はすぐにできる対策はしたが,根本的には,会社にクレームをつけているようなことを言っていた。

 サーバというものは,いろんなプログラムの集合体で,100%完全ということはありえないわけだが,それでも,開発の続いているものの場合は,日夜攻防が続いている。開発が終わっているものは,攻攻になっちゃうわけで,ここのところで,「最新バージョンを使おうね」という話になるわけだ。新しいものは,気づかれない大穴があるということもあるが,それ以上に古い既知の穴のほうが怖いよというのが,最近のスタンスと思われる。

 Apache,MySQL,PHP,Perl などもしょっちゅうアップデートされているが,私の使っていない大物としては, BIND,Parallels Plesk Panel などの話がある。 BIND については使おうかなと思ったことがあるので,ここの記事でもチラッと触れたことはあるが, Parallels Plesk Panel はまったく縁がなかったので,ここで触れたこともない。しかし,読売の記事を見て,ふっと思い出したのがこれ同PDF版)なのだ。

 Parallels Plesk Panel はコマンドを使い慣れない人には便利なものらしいから,零細なサービスとかでは, JPCERT/CC の危惧どおりいっぱいあるんじゃないかな。その上,ここが困った点なのだが,興味がないと,こういう情報にすら気づかないのが人間なんですよねー。自戒をこめて!!