Jetpack の不具合について。

 MariaDB に移行した後, Jetpack が突然 エラーを吐くようになった。親サイトのダッシュボードから WordPress.com のスタッツにアクセスできなくなってしまったのだ。どうしても解決できなかったので, Jetpack Support Forum に行き,「Jetpack: site_inaccessible」をたてた。3日後,今度は WordPress.com 日本語フォーラムで,「ルートサイトと昔のテストサイトのコンフリクト。」というのをたてた。両方に顔出ししたのは,2つが全く別物だと思っていたからだが, Jetpack Support Forum で問い合わせが見当たらないといわれたときには驚いた。それに,私の英文の書き方が言葉足らずで,マルチポストをやった形になってしまった(^_^;)。彼らからもらったヒントが役に立ったわけだから,許してもらおう(汗)。

  1. Jeremy Herve が, define( 'JETPACK_CLIENT__HTTPS', 'NEVER' ); を使うといいかもしれないと教えてくれたが,うまくいかなかった。
  2. Richard Archambault が SSL が関係しているかもしれないので, SITE_URL を調べてみるように言ったので,チェックしたが, http://o6asan.com になっていた。これなら問題ないはず。
  3. naokomc が, WordPress.com とうまく連携できていない場合,自分のサイトでも所有権がないように見えるのだと教えてくれたので, Richard が言っていた SSL のことをもう一度考慮してみることにした。
  4. で, define( 'FORCE_SSL_ADMIN', true ); をコメントアウトしてやってみた。わぉ!! なんと,あっさり行ったよ。

 結局のところ,一番初めの authorization のときは,環境によっては, define( 'FORCE_SSL_ADMIN', true ); のままだとうまくいかないことがあるということだ。WordPress.com との連携完了後, define( 'FORCE_SSL_ADMIN', true ); を元に戻したが,無問題だった。

 というわけで,不具合は解消した。しかし,分からないのは,なんでこれが起こったかなんだよね。それについては,いまだに納得がいっていない。

「Jetpack の不具合について。」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    >不具合は解消した。しかし,分からないのは,なんでこれが起こったかなんだよね。

    こういうのありますね・・・。
    色々やってるうちになおったりとちゃんと
    本当は原因追求しないといけませんが、原因不明ということで
    一応の決着をつけております。
    疑いだしたらあれもこれもとかきりがないのですからね。

    1. くりくりさん,こんばんは。

      > 色々やってるうちになおったりと

      ですね。今回は,それほどいろいろやったわけではないのですが,なによりも,なんで起こったのかわからないのが,一番気持ち悪いです。解決結果からは,Authorization時にJetpackが勝手にSSLを迂回できないということなんで,それは逆に当然と思えるのですが……現時点では,悩んでもよくわからないので,そのうち分かる日が来ればいいなと思うことにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください