本家のお世話-#92。(WordPress3.8.1 Background Updates)

 今朝, WordPress3.8.1 のアップデート通知が来た。 ChangeLog を見たところ単なるメンテナンスリリースのようなので, WordPress3.7 からできた Background Updates を試してみた。

 WordPress.org 製の Background Update Tester というプラグインがあるのだが,これによるテストだと,
————————————————————————————————————————————-
Automatic background updates require a number of conditions to be met.

  PASS: Your WordPress install can communicate with WordPress.org securely.
  PASS: No version control systems were detected.
  PASS: Your installation of WordPress doesn’t require FTP credentials to perform updates.
  PASS: All of your WordPress files are writable.

This site is able to apply these updates automatically. Cool!
————————————————————————————————————————————-
となっているので大丈夫ではないかと思って待った。

 結果,先ほど,管理者宛に,下記のメールがやってきた。
————————————————————————————————————————————-
件名 : Your site has updated to WordPress 3.8.1 (2014.1.24 20:13)
メッセージ :
  Howdy! Your site at http://MySite has been updated automatically to WordPress 3.8.1.

  No further action is needed on your part. For more on version 3.8.1, see the About WordPress screen:
  https://MySite/wp-admin/about.php

  If you experience any issues or need support, the volunteers in the WordPress.org support forums may be able to help.
  http://wordpress.org/support/

  The WordPress Team
————————————————————————————————————————————-
 成功ですナ。パチパチ。

 しかし,こういうことが可能だから,逆にいうと相手方が悪者だと,あるいは悪い奴に乗っ取られたりしていると,変なものを仕込まれる恐れがあるので,十分な用心が必要なんだよね。

「本家のお世話-#92。(WordPress3.8.1 Background Updates)」への6件のフィードバック

  1. こんにちは
    成功してよかったですね。

    俺のほうは勝手にアップデータしたみたいです。さて自動でupdateするということはうちのサーバーwordpressの数々がだけにやばくね?とおもいますね。この辺も調査しないといけませんな・・・。

    1. くりくりさん,こんにちは。

      おかげさまで,無事済みました。メールもちゃんと来ました。

      > この辺も調査しないといけませんな・・・。

      基本的には,自動バックグラウンド更新の設定あたりで変更可能なわけですが,多数のWordPressを一括管理している場合などは,各ブログごとに設定ファイルをいじる話になるので,現実的ではない気がします。

      Background Update Testerのメッセージに
        PASS: No version control systems were detected.
      というのがあったので,確認してみたのですが,class-wp-upgrader.phpの中で,Subversion,Git,Mercurial,Bazaarの4種のバージョン管理システムの所在を再帰的に調べていました。したがって,システム上にこれらがあれば,自動アップデートができないというメールが管理者に来ることになっているようです。これも,サーバごとになるでしょうから結構手間がかかるかもしれませんが,そういうものを使ったらどうでしょうか。

       それでもって,テスト機にだけ下記を入れておくとかすれば,テスト機で動作確認後,配下のPCのバージョンアップができるという話になるのではないですか。
        function always_return_false_for_vcs( $checkout, $context ) {
          return false;
        }
        add_filter( ‘automatic_updates_is_vcs_checkout’, ‘always_return_false_for_vcs’, 10, 2 );

  2. こんにちは
    ちょうど自動アップデータがあった時にサーバーが重たいといわれたんですよ。原因のひとつにアップデータを疑いました。

    またサーバーの監視を強化しているのですが、
    原因の特定には至っておりません。

    updateが原因の場合、またバージョンアップの時同じ症状がでるかなと予想しています。

    >そういうものを使ったらどうでしょうか。
    これは対策のひとつとして参考にさせていただきます。

    1. くりくりさん,こんばんは。

      重たい原因て,なかなかわからないものでしょう?
      いろいろ,調べる手段があるんでしょうね。

      > これは対策のひとつとして参考にさせていただきます。

      お役に立つかどうかわかりませんが,Subversionについてだけは,前から使われているのか,CodexにTracking Stable Versionsというのがありました。一応日本語Codexにも安定版を追うというのがあるんですが,訳が整っていないので,本家を見たほうがいいみたいです。

  3. おはようございます。

    >重たい原因て,なかなかわからないものでしょう?
    最近は土日仕事してないですからね。上司はよく仕事をしていてよくみてますよ。突っ込まれた時にそれなりの理由を準備してないと仕事してないとおもわれちゃいますからね。
    一応それなりの対応をしています。

    1. くりくりさん,こんばんは。

      土日も,仕事ですか。近頃は,そういう生活も,懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください