夏みかんのマーマレード。

夏みかんのマーマレード 今年のホークス,今のところ,そこそこ勝っている。つまり,負ける回数のほうが今のところ少ない訳だが,どういうわけか,時間があって見ているときに,負ける。

 今日はデーゲームで,幸か不幸か,ユックリ見る時間があった。昨日も,負けたことだし,今日は勝ってほしいのに,なんとも間が悪い。
 でも,見たい。そこで,験担ぎをするのがファンである(笑)。
 チラチラ見る分にはよかろうと,途中から夏みかんのマーマレードを作りながら見ることにした。これ,結構時間かかるし,煮詰めるところに行くまでは,なかなか手があかない。まぁ,煮詰めるときも焦がさないためには,用心は必要だが,私の作り方は,割と焦げないものなんだ。他のみなさんもそうなんだろか。

 薄皮をむいて種を取ったり,外皮を切ったりと手を取るので,台所で作っていると,茶の間のテレビに映っている試合は,否応なくチラ見になる。そんなこんなで,わりかし試合の進行が速かったせいもあって,煮詰めに入るころには,試合も終わりに近づいていた。

 なんと,勝っちゃったよ。1-0。えーーーっ。勝ったのは嬉しいが,これからますます見れなくなってしまうじゃないか(爆)。

 でもって,ホークスのせいで出来てしまったマーマレードの写真を掲載(滝汗)。鍋のままだと,さすがにみっともないので,一応,ホンの一部分だけ空き瓶に入れてみた。

 蛇足だが,レシピ(というには,あまりにいい加減です)掲載。

  1. 材料
    夏みかん:5個くらい(重さにして,処理前で,多分1.2~1.3kg。別に,何個でもいいんだ。が,鍋の大きさおよび薄皮むきの大変さを考慮のこと。)
    砂糖:適量(目安としては,鍋に入れたミカンの真ん中に山ができるくらい,あとは好み。)
  2. 夏みかんは,自宅の庭のものなので,水洗いのみ。ただし,たわしでこすって汚れはしっかり落とす。
  3. 外皮をむく。これが結構面倒なので,包丁で夏みかんの上下を切り落とし,縦に8等分してからむく。5個ともむいて,外皮は細く千切りにする(といいつつ,私の場合,長さ3センチ幅5ミリくらいもある)。実の処理は,後回し。
  4. むいた外皮を鍋でゆでる。沸騰させてゆでこぼすを,3回か4回やる。今日は,3回やった。
  5. 4.の作業の間に,さっき後回しにした実から,薄皮と種を取って,実だけにする。包丁で問答無用にぶった切ってるので,実は哀れな状態だが,無視して処理(笑^2)。
  6. 外皮をゆでた湯はしっかり切って,実と一緒に鍋に入れ,中火(かな?)で,気長に煮詰める。
  7. あとは,冷ますだけ。
    以上。

 まっ,かなりほろ苦い,大人の味になります。でも,市販のものより,好き(自分の口に合わせるんだから,当ったり前か)。