本家のお世話-#110。(PHP5.6.1へアップデート)

 Windows 版の PHP5.6.1 が Sep-25 06:28:30UTC に出た。近頃は,いつも Windows 版のほうが早いな。で, 5.6.0 から 5.6.1 にアップデートしたわけ。(サーバ OS は Windows7HP+SP1(x86) です。)

 php.ini-production は 1 個スペルミスの訂正があっただけで何も変わっていなかったので,新旧ファイルを入れ替えて php.ini を放り込み, httpd.exe をリスタートした。

 OPcache のバグは直っていないようだったが,いつもの手順通りで,「おしまいッ」と思ったのよ。

 ところが!! 今回はトラブルに見舞われちゃったよぉ。初めは, “PHP Warning: PHP PHP Startup: in Unknown on line 0” を Apache のエラーログで発見したこと。これだけ。 module 名とかほかに何にもなし。とはいえ, warning が 1 個だし,「まっいいか」とか思ったんだ。 PHP info をチェックしてたら大問題が発覚, php_curl.dll がロードされてないじゃないですか!! (大泣)

 やっとこ,解決策発見。 1 日かかっちゃったよ。ヤレヤレ。
 パスを通してやりました。つまり,環境変数のパスに “x:\PHP install directory” を追加したわけ。これ,インストール時にやってるほうが普通だとは思うが,今まではなくても,ずーっと無問題だったんだよ。「 PHP5.6.1 でなんか変わったのかねぇ」と思ったんだが, “the curl extension doesn’t load using apache” の日付を見て,考えを改めた。 Windows Security updates がらみのほうが,ありそうな気がする。

 何はともあれ, PHP5.6.1 は無事動くようになった。

 インストールについて詳しい情報が必要な場合は,「PHP 5.5.16 から PHP 5.6.0 への移行」をご覧ください。

「本家のお世話-#110。(PHP5.6.1へアップデート)」への2件のフィードバック

  1. こんにちは

    windowsはやいですね。
    webtaticはまだです。

    さて、bashの脆弱性をついた攻撃がふえてきました。
    今の所6件ですけど、これから増えるかも?

    追記
    レンタルサーバーから連絡があり
    やっぱりpleskもアップデータの必要がありました。
    先日は相談に乗っていただき、ありがとうございました。

    1. くりくりさん,こんばんは。

      このごろ,なんか Windows 版が早いですよねぇ。しかし, Path で直るとは思いもかけませんでした。つい最近まで,というか 5.6.1 にアップデートするまで, Path 追加ナシで何の問題もなかったのですが。いずれにしても,ヤレヤレです。

      今日は,出かけてまして,帰宅後,昨夜から書きかけの ShellShock の記事を,遅ればせながら書き上げました。

      それにしても,トンデモ脆弱性ですねぇ。何しろ,どこにでもある Bash 関連ですから。 Andoroid も,ベンダーは一応は大丈夫だと言ってますが,もと OS がオープンソースだけに,どこでどう誰が弄っているか……心配の種は絶えないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください