Trusteer Rapport をインストールしてみた。

 初めに,余談つうか,本日のメインイベント(呵呵大笑)。

 鷹くーん。日本一ーー\(^o^)/。

 今年一,というか,今年初のいい出来のセッツンを見せてもらったし。しかし,すっきりしない決まり方だったワイ。サファテは,来季は大きな試合に投げさせたらいかんね。いや,こんな日に文句を言ったらいけません。
 鷹のみなさま,おめでとうございます。今季もありがとうございました。

 さらに,余談。
 笑っちゃった。出演の黒ニャンコ,かわいい!! 関係ないか (^o^)。
 「iPhone 6 Plus」「iPad mini 3」のTouch IDを偽造指紋で突破、ついでに猫の肉球でも認証OK。 本文に,「あくまでパスワード入力を省くための便利なツールの 1 つとして考えたほうがよさそうとのことです。」とあるが,その程度のもんなんだねぇ。

 ところで,表題の件。
 三菱東京UFJ銀行のダイレクト(インターネットバンキング)を使っている。ふと思い立って,UFJが前からおすすめの「無料のウィルス対策ソフト」を入れてみた。実体は IBM の Trusteer Rapport だった。「他のセキュリティソフトウェアとの互換性」となっているが, Rapport は基本的にネットバンキングでの危険性回避に特化しているようなので,他のセキュリティソフトウェアとの併用が望ましいらしい。我が家でのインストール時は,特に特別な操作は必要なかった。

Trusteer Rapport
Trusteer Rapport

「Trusteer Rapport をインストールしてみた。」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。

    ホークス優勝しましたね。
    おめでとうございます。
    巨人ファンに阪神が日本一になったら、
    クライマックスシリーズで
    “負けた言い訳になるね”といったら大笑いされましたが
    さらに惨めな結果になりましたね(笑)

    さて、pleskです。
    コンポーネントの削除と追加で
    sniサポートのapacheをインストールできるんですが、レンタルサーバーが検証したらhttpデーモンが起動しなくなりました。
    同じようにphp5.5もバージョンアップ可能です。

    pleskからの操作しかサポート対象外といいながら
    アップデータできないってなんなんでしょうかね?
    本当pleskは面倒です。

    おまけ
    wgetの脆弱性
    http://jvn.jp/vu/JVNVU98581917/
    centos6でパッチがきてました。
    https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2014-1764.html

    1. くりくりさん,こんにちは。

      > おめでとうございます。
      ありがとうございまーす。
      しかし,文句を言ったら,罰が当たりますが,スッキリしない幕切れでした。何しろ,サファテが 3 四球で試合を壊しかけまして,なおかつ,虎氏の守備妨害で決まりましたからね。そこまでの投手戦が素晴らしく,シリーズの名勝負として記憶に残りそうだっただけに,残念でした。鷹は,勝ったからまだいいけど,虎氏のファンには消化しきれない負けでしょう。

      > wgetの脆弱性
      これも,ありがとうございます。
      しかし,すでに wget-1.12-5.el6_6.1.i686 になってました。 6.7 にしてから,アップデートしたのでそこで当たったんでしょうか。

      「コンポーネントを追加/削除」って, plesk のコンパネにあるみたいですね。「 pleskからの操作しかサポート対象外」と言いながら,そこからアップデートして,不具合が起こるというのは,問題ですよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください