初めての VPS-#3 (CentOS7 上に LAMP を構築)。

 はやぶさ 2 の打ち上げ,再延期になっちゃいましたねぇ。 12 月 3 日 (水) 13 時 22 分 04 秒の予定だそうです。三度目の正直で,今度こそ晴れてほしいなぁ。

 さて, SELinux を有効にしたままで, CentOS7 上に LAMP を構築しようと思う。
 LAMP 構築に先立って,以下の 3 4 つをやった。

  1. $ sudo vi /etc/pam.d/su
    下記の行をアンコメントする。
    #auth required pam_wheel.so use_uid –>> auth required pam_wheel.so use_uid
    これで, Wheel Group 外のユーザは ‘su’ コマンドを使っても, root にはなれなくなった。
  2. $ sudo vi /etc/aliases
    ファイルの最下行をアンコメントし,ユーザ名を変更する。
    #root: marc –>> root: centos
    $ sudo newaliases
    これで,ユーザ centos が root 宛てのメールを受け取れるようになった。
  3. タイムゾーンをチェックする。
    $ sudo timedatectl status
    特に,問題なし。
    $ sudo systemctl status chronyd.service
    結果に, “System clock wrong by 1.088336 seconds, adjustment started” というのがあったので, /etc/chrony.conf を編集した。
    $ sudo vi /etc/chrony.conf
    中に “# Use public servers from the pool.ntp.org project.” と書いてあったので, pool.ntp.org に行ってみたら,使い方があった。その指示に従って, ‘+’ の 4 行を追加し, ‘-’ の 4 行を削除した。
    +server 0.pool.ntp.org iburst
    +server 1.pool.ntp.org iburst
    +server 2.pool.ntp.org iburst
    +server 3.pool.ntp.org iburst
    server 0.centos.pool.ntp.org iburst
    server 1.centos.pool.ntp.org iburst
    server 2.centos.pool.ntp.org iburst
    server 3.centos.pool.ntp.org iburst
    サービスを再起動して,確認。
    $ sudo systemctl restart chronyd.service
    $ sudo systemctl status chronyd.service
    よくなった。
  4. パッチ自動更新用。
    $ sudo yum install yum-cron
    $ sudo vi /etc/yum/yum-cron.conf
     行番号 20: apply_updates = no –>> apply_updates = yes
    $ sudo systemctl start yum-cron.service
    $ sudo systemctl enable yum-cron.service

1 Apache Httpd のインストール   2 MariaDB のインストール   3 PHP のインストール
4 phpMyAdmin のインストール   5 vsftpd のインストール

 
||Apache Httpd のインストール||

  1. $ sudo yum install httpd
    インストールされたバージョンは, httpd.x86_64 2.4.6-18.el7.centos だった。
  2. /etc/httpd/conf/httpd.conf を編集する。
    $ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
     
    :set nu’ で行番号を表示する。

    • 行番号 42: Listen 80 –>> Listen Server_global_IP:80
    • 行番号 86: ServerAdmin root@localhost –>> ServerAdmin My_email_address
    • 行番号 95: #ServerName www.example.com:80 –>> ServerName VPS_DomainName:80
    • 行番号 119: DocumentRoot "/var/www/html" –>> DocumentRoot "/home/centos/www/html"
    • 行番号 124: <Directory "/var/www"> –>> <Directory "/home/centos/www">
    • 行番号 131: <Directory "/var/www/html"> –>> <Directory "/home/centos/www/html">
    • 行番号 144: Options Indexes FollowSymLinks –>> Options FollowSymLinks
    • 行番号 151: AllowOverride None –>> AllowOverride FileInfo Indexes Limit
      うちの場合,この行の変更は, WordPress のためである。
    • 行番号 164: DirectoryIndex index.html –>> DirectoryIndex index.php index.html
  3. 注) exstra.conf の場所: /etc/httpd/conf.d
    デフォルトの exstra conf : autoindex.conf, userdir.conf, welcome.conf
  4. 注 2) module.conf の場所: /etc/httpd/conf.modules.d/
  5. 注 3) log ファイルのローテートの設定をしていないのだが, Apache Httpd が自動でやってくれているようだ。(サーバを 1 日以上稼働したのち, /var/log/httpd/ を見たら,日ごとの log になっていた)。いつからこうなったんだろう?それとも, CentOS7 固有の機能なのか?
  6. 通常,ユーザのホームディレクトリのパーミッションは 700 であるが, httpd のアクセスを許可するために, 701 にしておかなくてはいけない。このことは, userdir.conf に書いてあった。
    $ chmod 701 centos
  7. DocumentRoot をユーザホームディレクトリに割り当てたので, httpd がアクセスできるように, SELinux の設定を変更する。これについての情報は, httpd_selinux(8) にあった。しかし, CentOS7 で見ようとしたら httpd_selinux(8) が空だったんだが,どうしてだろう。
    この際,オンラインの httpd_selinux(8) をご覧あれ。
    $ sudo setsebool -P httpd_enable_homedirs on
    $ sudo systemctl start httpd.service
    サービスを起動したら,エラーメッセージ “Job for httpd.service failed. See ‘systemctl status httpd.service’ and ‘journalctl -xn’ for details.” が出ちゃった。ユーザディレクトリに ‘www’ と ‘html’ を作るのを忘れてた。ユーザ centos として,以下の作業をやった。
    [centos@localhost ~]$ mkdir www
    [centos@localhost ~]$ cd www
    [centos@localhost www]$ mkdir html
    ここで,両ディレクトリの context を確認しておく。
    $ ls -Z
    drwxrwxr-x. test test unconfined_u:object_r:httpd_user_content_t:s0 www
    $ ls -Z
    drwxrwxr-x. test test unconfined_u:object_r:httpd_user_content_t:s0 html
  8. 再度, $ sudo systemctl start httpd.service
  9. $ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
    Httpd テストページ
    Httpd テストページ
    $ sudo firewall-cmd --reload
    $ sudo systemctl enable httpd.service
    注 4) 各 Well-Known-Port の設定は,前もって済んでいるみたいだ。そんなわけでポート 80 についての firewall-cmd はいらない模様。
  10. http://VPS_DomainName/ にアクセスすると,右の図のようなページが見えるはずである。

||MariaDB のインストール||

  1. $ sudo yum install mariadb-server mariadb
    インストールされたバージョンは, mariadb.x86_64 1:5.5.40-1.el7_0 と mariadb-server.x86_64 1:5.5.40-1.el7_0 だった。
  2. $ sudo systemctl start mariadb
  3. $ sudo mysql_secure_installation
    Enter current password for root (enter for none): <<-- [Enter] キーを打つ。 Set root password? [Y/n] <<-- [Enter] キーを打つ。 New password: <<-- root のパスワードを設定。 Re-enter new password: <<-- パスワードの確認 = もう一度打つ。 以下の項目については, [Enter] キーを打つ⇩。 Remove anonymous users? [Y/n]
    Disallow root login remotely? [Y/n]
    Remove test database and access to it? [Y/n]
    Reload privilege tables now? [Y/n]
  4. $ sudo systemctl enable mariadb.service

||PHP のインストール||

  1. $ sudo yum install php php-mysql php-mbstring
    インストールされたバージョンは, php.x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 , php-mbstring.x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 , php-mysql.x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 だった。
    php.conf はインストール時に,自動的に /etc/httpd/conf.d に作られる。
  2. /etc/php.ini を編集する。
    $ sudo vi /etc/php.ini
     
    :set nu’ で行番号を表示する。

    • 行番号 243: output_buffering = 4096 –>> output_buffering = Off
    • 行番号 314: disable_functions = –>> disable_functions ="shell_exec, suexec, passthru"
    • 行番号 375: expose_php = On –>> expose_php = Off
    • 行番号 811: allow_url_fopen = On –>> allow_url_fopen = Off
    • 行番号 878: ;date.timezone = –>> date.timezone ="Asia/Tokyo"

    注 5) additional.ini の場所: /etc/php.d
    デフォルトの additional ini: curl.ini, fileinfo.ini, json.ini, mbstring.ini, mysql.ini, mysqli.ini, pdo.ini, pdo_mysql.ini, pdo_sqlite.ini, phar.ini, sqlite3.ini, zip.ini

  3. $ sudo systemctl restart httpd.service

||phpMyAdmin のインストール||

  1. phpMyAdmin がほしいんだが, base, extras, updates リポジトリにはなかったので, ‘epel’ を追加することにした。
    $ sudo yum install epel-release
  2. $ sudo yum install phpmyadmin
    インストールされたバージョンは, phpMyAdmin.noarch 4.2.11-1.el7 だった。
    phpMyAdmin.conf はインストール時に,自動的に /etc/httpd/conf.d に作られる。
  3. /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf を編集する。
    $ sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

    うちの phpMyAdmin.conf は下記のような感じ。
    # phpMyAdmin - Web based MySQL browser written in php
    #
    # Allows only localhost by default
    #
    # But allowing phpMyAdmin to anyone other than localhost should be considered
    # dangerous unless properly secured by SSL

    Alias /phpMyAdmin /usr/share/phpMyAdmin
    Alias /phpmyadmin /usr/share/phpMyAdmin

    <Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
       AddDefaultCharset UTF-8

       <IfModule mod_authz_core.c>
         # Apache 2.4
         <RequireAny>
           Require ip my_global_IP
           Require host my_mobile_host
         </RequireAny>
       </IfModule>
    </Directory>

    <Directory /usr/share/phpMyAdmin/setup/>
       <IfModule mod_authz_core.c>
         # Apache 2.4
         <RequireAny>
           Require ip my_global_IP
           Require host my_mobile_host
         </RequireAny>
       </IfModule>
    </Directory>

  4. $ sudo systemctl restart httpd.service

||vsftpd のインストール||

  1. $ sudo yum install vsftpd
    インストールされたバージョンは, vsftpd.x86_64 3.0.2-9.el7 だった。
  2. Edit /etc/vsftpd/vsftpd.conf.
    $ sudo vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
     
    :set nu’ で行番号を表示する。

    • 行番号 12: anonymous_enable=YES –>> anonymous_enable=NO
    • 行番号 82: #ascii_upload_enable=YES –>> ascii_upload_enable=YES
    • 行番号 83: #ascii_download_enable=YES –>> ascii_download_enable=YES
    • 行番号 100: #chroot_local_user=YES –>> chroot_local_user=YES
    • 行番号 101: #chroot_list_enable=YES –>> chroot_list_enable=YES
    • 行番号 103: #chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list –>> chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
    • 行番号 128: –>> local_root=www/html
  3. $ sudo setsebool -P ftp_home_dir on
    local_enable=YES をアンコメントしている場合は, on にするようにと, vsftpd.conf に書いてあった。
  4. $ sudo vi /etc/vsftpd/chroot_list
    chroot_list に ‘admin’ を追加した。
  5. “chroot_~” をアンコメントして,一般ユーザとして, FTP 経由でアクセスしたら, 500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot() が出た。
    で, allow_writeable_chroot=YES を vsftpd.conf に追加。この情報は, 500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot() Login failed on debian (魚拓です)からもらった。
    行番号 104: –>> allow_writeable_chroot=YES
  6. $ sudo systemctl start vsftpd.service
    $ sudo systemctl enable vsftpd.service
    $ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=ftp
    $ sudo firewall-cmd --reload

「初めての VPS-#3 (CentOS7 上に LAMP を構築)。」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    すばらしい!!
    また綺麗にまとめてらっしゃいます。
    それと雪がふるようにしたんですね。
    vsftpdまでよんできがつきました・・・。

    後はハヤブサの成功を祈るのみです。

    1. くりくりさん,こんばんは。

      > 後はハヤブサの成功を祈るのみです。
      無事,切り離しまでは,成功しましたね。後は,長い長い旅路をがんばってもらわなくてはいけません。一般受けはしないかもしれませんが,何事もなく,無事に探査を終えて帰ってきてほしいです。 2020 年に帰ってくるころには,どんな情勢になっているでしょうか。気にかかります。世界が平和でないと,オーストラリアに帰ってくるはやぶさ 2 の回収もままなりません。

      > それと雪がふるようにしたんですね。
      はい,今年も降ってますね。昨年,降らせていたときは,まだ,背景が黒だったのでよく見えたのですが,今は,白っぽい画面なので,よく見えませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください