Viki.com の Qualified Contributor…フーム。

 年明けからこっち,現実世界の生活スタイルが変わってしまった。外出が多くなり,時間が細切れになる。おまけに,細切れなのに待ち時間は長いときている。そんなわけで,時間つぶしとして,ネットでドラマを見る機会が多くなった。そうこうしているうちに BR3 さんとこの紹介にあった「神のクイズ (신의 퀴즈)」という韓ドラに,どっぷりはまってしまった。紹介がシーズン 4 だったので,それから見たのだが,ほかのシーズンも見たくなってネットで探して視聴した。ただ,シーズン 4 以外は日本語字幕版がなかったんだよね。仕方ないから,英語・中国語字幕版で見た。英語字幕なんかだと, Subscene あたりにたくさんあるんだけどなぁ。

 探してみると分かるけど,日本語字幕(ソフトサブ)って,ほんと少ないよ。あっても,クオリティがいまいちだし。ところがね,今年の新ドラマ「キルミー・ヒールミー (킬미힐미)」の字幕で,とっても出来の良いのを見つけたもんで,どこのものか聞いてみたんだ。 Viki 製ということだった。 Viki.com の「キルミー・ヒールミー (킬미힐미)」はここダヨ。

 勇んで, Viki に行った。「神のクイズ (신의 퀴즈)」のページ ( s1 s2 s3 s4 ) もすぐに探し出せたんだが,やっぱ,シーズン 4 にしか日本語字幕はなかった。そればかりか,地域問題でビデオにたどり着けなかった。 Grrrr 。

 住んでる国のせいでコンテンツが見れないとき,Viki.com では「申し訳ありません。この動画は現在、お住まいの地域ではご利用いただけません。 お気に入りに追加しておくと、利用可能になった時に通知を受けることができます。 この動画を視聴する方法についてご確認ください!」というメッセージが出る。

 メッセージ内のリンク先に行って,まじめにページを (Viki U: Learn How to Subtitle!) 読んでみた。なんと, Qualified Contributor (QC) というのになれば,国に関係なく,コンテンツの利用ができるようじゃん。スゲー!!

 ということで,興味の方向が字幕探しから Viki の QC になることに移ってしまった (^_^;)。 QC になるには下記のどれかがいるらしい。

  1. 少なくとも 3,000 文の字幕,あるいは, 2,000 個のセグメントを作成していること。
  2. チャンネルマネージャ,あるいは,モデレータから推薦されていること。
  3. 新コミュニティメンバーの手本となる行動をとっている,つまり, Viki コミュニティガイドラインを順守していること。

 上記 3 つのうちだと,私にとっていっちゃん楽そうなのは, 1 だ。というわけで,「神のクイズ (신의 퀴즈)」に日本語字幕をつけちまおうということに。字幕探しからの,なんちゅう,脱線。まっ,いいけど。

 Viki には,「字幕エディタ」というのがあって,簡単に字幕がつけられる。しかし,地域問題は依然として足を引っ張り,最初は「字幕エディタ」も使えなかった。
 解決方法としては,ライセンスが有効な国に引っ越すというのがあるな。いや,冗談ス(爆)。字幕のために,そんなことできるわけない(汗)。
 やっぱ, IP 偽装という話になるよね。毎度,プロクシを探し回るのも嫌だったので,今回は,フリー VPN サービスのひとつを利用した。これね (FlyVPN)。無料お試し版はいろいろ制限があるが, IP にかかわる制限は,幸か不幸があまり気にならなかった。使用中のモバイルルータは,アクセスのたびに IP が変わるもので。

 このおかげで「字幕エディタ」が使えるようになったので,字幕作成を始めた。 3/30 にようやく 3000 を超えたので, Qualified Contributor (QC) Application Form を書いて,送っといたんだ。

 で,4/14 ,「VikiのQCになりました!」ってのが来た。ヤッター!

 ところで, Viki においても,日本語字幕は多くはないし,すべてのクオリティがいいわけでもない。まあでも,少なくとも,国に関係なくコンテンツの利用ができるようになったわけだから \(^o^)/。

 今までに,「神のクイズ シーズン 2」の第 1 話から第 5 話の字幕が完成した。本当のところシーズン 1 のをやりたいんだけど, QC になったにもかかわらず, 1 についてはいまだに例のメッセージが出る。なんでヨ? *ため息*