SC-02H の android7 を adb.exe により Windows10 上でフルバックアップする。

 私のスマホはドコモの SC-02H である。買ったときは Android 6.0 がのっていたのだが、今は Android 7.0 になっている。そんでもって、去年の 10 月 18 日に「AndroidTM 8.0へのバージョンアップ予定製品について」てのがあって、中に SC-02H が入っていた。「やったぜ!」と思ったが、いまだに来ない。いつになるのかね。でもまぁ、そのせいで、 Android 7.0 の adb.exe によるフルバックアップをやってみようと思い立った。

  1. まずは、オフィシャルから SDK Platform Tools をダウンロードする。 (Windows 版は platform-tools-latest-windows.zip)
  2. zip を展開したら platform-tools フォルダごと適当なところに移動。 (例えば x:\platform-tools とかネ)
    注) adb.exe の使用目的が今回はこれだけなので、 ‘x:\platform-tools’ にパスは通していないけど、 SDK Platform Tools をフル活用するつもりなら、環境変数に追加してやった方がいいと思う。
  3. デバイスマネージャにおける SC-02H USB ドライバ

    Tools を使うのに、 USB ドライバがいる。「 OEM USB ドライバのインストール」参照のこと。
    もっとも SC-02H の場合、 USB ケーブルで PC とつないでやったら、ドライバは自動的にインストールされる。

  4. ‘開発者向けオプション’ を有効にする。
    1. ‘設定’ アプリを開く。
    2. 一番下までスクロールして ‘端末情報’ を選択する。
    3. ‘ソフトウェア情報’ を選択する。
    4. ‘ビルド番号’ を 7 回タップする。
    5. バックキーを 2 回タップして、下の方に ‘開発者向けオプション’ が表示されていることを確認する。

    参照) 端末の開発者向けオプションの設定

  5. ‘開発者向けオプション’ を選択する。
    1. ‘開発者向けオプション’ 画面の最上部で、このオプションを ‘ON’ にする。
    2. 少し下にスクロールして ‘USBデバッグ’ を有効にする。
  6. PC 上で cmd.exe を実行する。
    1. Tools をインストールしたディレクトリに移動する。 (例えば > pushd x:\platform-tools とかネ)
    2. > adb devices
      Allow USB debugging

      上記をやると、以下のメッセージが出た。
      List of devices attached
      * daemon not running; starting now at tcp:5037
      * daemon started successfully
      xxxxxxxx unauthorized

      スマホ画面に右図のようなメッセージが出るので、 ‘OK’ をタップし、再度:
      > adb devices
      List of devices attached
      xxxxxxxx device

    3. Confirm full backup

      > adb backup -f x:\SC_02H.adb -apk -all
      Now unlock your device and confirm the backup operation…

      スマホ画面に右図のようなメッセージが出るので、 ‘データをバックアップ’ をタップする。もし、バックアップファイルにパスワードがいるなら、タップの前に入力しておくこと。
      バックアップが終わったら、スマホ画面には ‘バックアップが終了しました’ が出て、 cmd.exe の窓の方はプロンプトに戻る。

      注1) バックアップコマンドについては、 Android Debug Bridge (adb) を参照のこと。
      日本語での記載もあるのだが、なんでだか backup コマンドの説明が見当たらなかった。英語のページにはちゃんとあるので、そっちを見に行こう。

      注2) 我がスマホにおいては、 ‘-shared’ オプションがうまく働かなかった。 8 時間以上待ってやったんだけど、終わらないしなーんにもメッセージも出ない。今回のバックアップは、 Android8 で不具合が出た場合の Android7 へのダウングレード用なので、もっともほしいのはシステムファイルである。というわけで、 ‘-shared’ オプションはあきらめた。

  7. 終わったら、 ‘USBデバッグ’ を無効にし、 ‘開発者向けオプション’ は ‘OFF’ に戻しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください