ヒェー、ひどい目にあったゼ。換気扇の交換。

 我が家の離れを1月から貸すことになったので壊れてた換気扇を換えることにした。前記事のウォシュレットの件でもわかるように、基本そういうことって好きだから、今回もDIYということにしたんだけど、思いのほかの状態でひどい目にあった。元の壊れてた換気扇の機種は控え忘れたけど、新しいのは、YAK-25Lというホームセンターで買ってきたごく普通のやつ。でね、これの取扱説明書にも、「本体は木枠に取り付けるよ」てなふうに書いてある。

 ところが実際はさ、ネジを締めるべき位置が右の画像の赤丸の部分のようにコンクリートで固められていた。古いほうの換気扇は6か所のネジ止めが可能だったのだが、なんと青丸の部分の3か所しか止まっていなかった。なんちゅう雑な工事。もっともねぇ、30年ばかり前に離れを母屋と一緒に立て替えたとき、離れはもしかするとホントもしかすると大叔母が住むかも知れないという程度(結局、住まなかったのだ)で、それよりも更地にしておくと面倒見るべき庭が増えて草取りなんかに困るからと、もとと同じくらいの大きさのものを建てたんだけど、そのせいで中の備品などには全く手をかけてないから、今更文句も言えないけどね。

 穴をあける部分のコンクリの厚みを測ってみると10mm~15mmというとこだった。手持ちのドリルドライバでチャレンジしてみたけど、案の定、埒が明かない。「あちゃあ、インパクトかぁ」と持っていそうな周りの人に声をかけたけど、もともと当てが少ないうえに、一番持っていそうな人のところは連絡がつかなかった。借家人が見に来る予定も迫ってて散らかしたままじゃ困るしと思案投げ首だったところ、なんと近くの別のホームセンターに工具のレンタルがあった。パワーコメリっいうのね。マキタのTD149Dが580円/日。オオーッと喜んで飛び込んで借りてきたんだけど、ひどい目にあったのはこっからなんだよね。なんでひどい目にあったかというと、自分の体力の低下のせい。

 結構、コンクリートがハードで穴あけに時間かかったけど、それでも休まずにやれたら、4穴でも1時間半もあればあいたと思うんだ。これにわたくしどのくらいの時間かかったと思う?なんと6時間よ、6時間!! 穴あけてる時間より、休んでる時間のが、チョー長いの。自分でビックリ。アワワワワ。泣く。でも、続けてると肩やら背中やら手やら指やら痛くなって、続けてられないんだモン。まあ、それでもあけたからね。涙の結晶の4穴のまとめ画像見てくだされ。あいたら、あとは簡単。ドリルドライバで、コンクリートネジ締めて換気扇をとめつけて、出来上がり。

 換気扇(3,259円)+インパクトドライバ借賃+コンクリ用ドリルビット+コンクリネジ(1袋20本)で、しめて4,745円。しかし、今回の自分の体力のなさを考えたら、「次回はこの手のDIYは止めた方がいいかもなあ」とがっくり来た換気扇の交換であった。

ウォシュレット TCF331 から TCF4713R へ。

 超久しぶりの記事の話題がウォシュレットってどうかと思うけど、まあいいか。はるか前のことなんだが、ウォシュレットについて書いたことがある。2011.7.4から2011.8.20のね。結局、修理はうまくできなくて、 TCF331 君は下のようなただの便座になってしまった。

TCF331

 ほんでもって、この子をずっとこのまま便座として使っていたわけだが、このほど、ついに新人に代わってもらうことになった。新人はTCF4713R君ね。拍手~!

 交代理由は、私の華麗、もとい、加齢(⁈)なんだけどさ。我が家のトイレには他にTCF9434君というメイン選手がいて、TCF331君を使ってたのは、ほぼ私だけであったのだが……

 年取ってくるとみんな同じなのか私だけなのかわからないのだけれど、最近時間がかかるようになって尚且つおしり洗浄がないと、どうも具合が悪い。長く入っているもので家族と鉢合わせになることが多い。鉢合わせを避けるために、自分用には極力TCF331君を使うようにしていたのだが、壊れててただの便座になっているので、どうも都合が悪い。いよいよ、我慢できなくなって、TOTOサイトに TCF331の後継機として上がっていたTCF4713Rを購入して、付け替えることにした。ウォシュレットとしては一番基本的な機能のものだ。(プロ向け・取付工具なし)ってなってたけど、量販店向けとどこが違うのかな?量販店向けとして、すぐに考えつくのは低価格と工具ありかな。まぁ、どうでもいいけど。

 付け替えたTCF4713R君はこんな感じ。あんまり代わり映えしないな。ただ、壁のコンセントに電源コードがつながってるのが一番の違いかな?TCF331君はその部分はご臨終だったし。

 交換で一番参ったのは、タンクの横についている止水栓がいくら頑張ってもびくともしなかったこと。あんまり回ってくれないので、分岐金具は古いもののまま使おうかとも思ったのだが、給水ホースの袋ナットのサイズが違っててハマらなかったし、「同梱以外の分岐金具、パッキンを使わないでください。」とも書いてあるし。仕方ないので、家の大元の量水器の水止め栓を閉めて作業した。

 もう一つ参ったのは、家にあるレンチがどれも小さくて使えなかったので、ナットをプライヤーで閉めたり緩めたりしなくてはいけなくてさ。手の力が弱ってきてるのに、やりにくかったよ。まあ、あとは大してこまったことなかったけど。力が弱くなってるなぁということはつくづく痛感したネ。

 Before and after であんまり変わらないけど、前のTCF331君は壁リモコンじゃなかったから、その分便器の幅が狭くなって、便器奥の掃除はしやすくなったよ。それから、TCF331君は燃えないゴミ行き。全バラしたら、ゴミ袋に入っていただけた。めでたしめでたし。