コイの季節。

鯉のぼり1陳腐な題名は,言い古されたダジャレですが,今月に入って爛熟の桜を背景に,鯉のぼりが舞い始めました。
毎年,大体「端午の節句」のひと月前あたりから,勇壮な魚影が見られるようになりますね。上の写真は見慣れた色と柄ですが,下のは微妙に華やか。上のほうは吹き流しと鯉だけしか写っていませんが,もちろん,こちらのほうも画面外右手に節句幟がたっています。
うちの辺りでは,庭に建てるときは,だいたいこの一揃いが多いです。皆さんの地域ではいかがでしょう。

鯉のぼり2ところでご存じでしょうが,文部省唱歌には鯉のぼりの歌は,2バージョンあります。低学年バージョン・高学年バージョンと言いますか……久しぶりに聞いてみてください。

こいのぼり 作詞:近藤宮子/作曲:不明
やねよりたかい こいのぼり
おおきいまごいは おとうさん
ちいさいひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

こいのぼり 作詞:不詳/作曲:弘田龍太郎
甍(いらか)の波と 雲の波
重なる波の 中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる 朝風に
高く泳ぐや 鯉のぼり

開ける広き 其の口に
舟をも呑(の)まん 様見えて
ゆたかに振(ふる)う 尾鰭(おひれ)には
物に動ぜぬ姿あり

百瀬(ももせ)の滝を 登りなば
忽(たちま)ち竜に なりぬべき
わが身に似よや 男子(おのこご)と
空に躍るや 鯉のぼり

家並みの上を元気よく泳ぐたくさんの鯉の姿が目に浮かびますが,実際は少子化のせいか若干さびしい現実であります。それから,歌からすると,昔は真鯉と緋鯉だけでしかも母親は含まれないというバージョンだったのでしょうかねぇ。

SimilarPostsの日本語化。

投稿アップデート情報  追記(10/12)  追記2(2013/8/15)

昨夜,SimilarPostsの日本語化を完了した。

今回は,potファイルはついていたもののこれがうまく動かなかったし,もとのプラグインの準備が全部完了していなかったので,少し手がかかった。もともと,よくphpが分かっていないは,gettextについては全然知らないはと,いろいろ調べないと分からないことが多くて段々やる気がうせたのだが,途中でプラグインの作者のRobに「まだ完全じゃないけど,それでもそのファイルがほしい?」と問合せをしたら,いると言ってくれたので,そこから気合が入った。何事にもこういう牽引車的なことは必要だね。

SimilarPostsはPostPluginLibraryの補助で動くので,前者の日本語化が終わっても,かなり英語部分が残ってしまい気に触るので,結局,後者も訳すことにした。そしたら,こっちは,もっと準備ができてなくて…….でも,まぁ終わったことだから。

今回は,日本語化ファイルはまだアップしません。Robがもとのプラグインをアップデートしてくれないと,今のままのファイル(version 2.6.2.0)では.moはまともに動かないです。Robが,多分,配布zipに同梱してくれるのじゃないかな。

追記(10/12):
 結局,Robに許可を受けて日本語化版をアップしました。必要な方は,SimilarPosts Ver.2.6.2.0日本語化版へ跳んでください。

追記2(2013/8/15):
 「Similar Posts」のサポートが止まって長いので, Yet Another Related Posts Plugin を使うことにした。こちらには,はじめから日本語化ファイル(プラグイン作者自作)が付いている。どうも日系の方みたい。

MS10-018 – 緊急。

先日来,私も気にしていましたマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 981374関連のパッチが,緊急で出ましたね。KB980182というやつですが,マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-018 – 緊急というところを読んでみると,ほかにもいろいろ含まれているようで,自動更新にしていない場合は,手動ですぐに当てたほうがいいように思えます。

Java SE 6 も19にアップデートされたようだし,ウイルスバスターの新VSAPIも近々リリースされそうです。

こう引き続くと,ユーザの方もうんざりですが,昨今の状況ではアップデートをサボるわけには行かないし,ましてやメーカやベンダの方たちは大変なことでしょう。

「エールを送りますのでがんばってください。」 <————-って,こんな零細なブロガーに言われてもなぁ。(笑)

今年も桜どき!

桜の祠たった2日だけれど,この土日ですっかり咲きそろった今年の桜。通勤路の道沿いの神社というにはかわいらしすぎる,小さなお宮さん。日ごろは気にも留めないその祠が,満開の桜に彩られていた。

桜といえば,今の私たちには何と言っても染井吉野だが,染井吉野が現れたのはせいぜい150年前だ。染井吉野の古木は多くない。葉が出る前に花が満開になるので,そこら一面が淡いピンクになる。遠景だと白く靄がかかったようだ。

桜は一般に香りが薄い。これが遠目にはなかなか見分け難い梅との,大きな違いだね。個人的には,梅の花のほうが好きだな。あの香りがいいんです。

でも,この写真,電柱がすごーく邪魔。(笑)

折り紙の動物たち。

折り紙昨秋からちょっと必要があって,折り紙で何種類かの動物を作った。昔だったら,誰かに習うか,本を探すか,自分で工夫をするかしかないのだが,今は便利な時代で,ネット検索でさまざまな種類のものを見つけることができた。

そのうちで,出来上がりを見て,はっきり何を折ったのか分かるものを使用したのだが,それがこの6種類。どうです?なかなかのものでしょ。真ん中の猫は,みんなに犬だと言われたけどね。

どれも伝承の折り方ではなく,作者がいるらしいけど,素晴らしいよね。神業の折り紙はため息つきながらみとれるばかりだけど,この6種類は,普通の小学生でも折れるレベルというところが,別の意味ですごい。

兎と象はもとの紙の大きさが同じ。で,出来上がりが,デカ兎とチビ象になった。

追記:参考サイトは,以下の通りです。
::ペンギン(魚拓です)::::::ラクダ(魚拓です)::キリン

おもしろ動画で思い出したこと。

前項の「100体のマルウェアでセキュリティテスト」のブログページへのコメント,曰く,データがしっかりしていないの,検体数が少ないの,なんちゃらのことなんだけど,ネットの時代になって,書いている人も書かれている本人も実体がはっきりしないので,なんとも言いづらいが,かのブログ主が本当に中学生ならば,書いているほうは「大人気ない」と言わざるを得ないだろう。環境設定や記録が不備なのは,確かだと思うけど,こういうことはこれから追々身につけていけばいいことだし,こんな便利な時代だから,ネット上でこんなふうにしたらいいよと教えてあげればいいじゃん。

ある人が/.で,昔はタコ(このブログ主はタコというにはちょっとと断わっていたが)に,もっと優しかったという主旨のコメントを残していた。全くだと思う。まぁ,その当時からきつく当られたタコもいただろうけど,何でも学んでやろうというタコには,懇切丁寧だったような気がする。この世知辛い世の中は,そんな人種の生息を許さなくなっているのかなぁ。かなり,さみしいネ。

閑話休題。

中学生がこれだけ頑張ってこんなことをやったということ読んで,自分の小学校時代の夏休みの自由課題のことを思い出した。これを書くと多分同世代の人は,何のおまけの話か分かると思う(つまり年がばれるってこと)。その年の夏休み直前の雑誌の付録に100倍固定のちっちゃな顕微鏡がついた。よくある話とは逆で,見かけは子供だましだったが,実力はしっかりしていて,ちゃんと100倍に拡大してくれた。で,これでたくさん見たんです。家にいろいろ道具があったんで,自分で記録ノートなんかも手作りして。その記録ノートは母親がかなり長いこと取っておいてくれたが,今はもうどこに行ったかわからない。見たものを色鉛筆でスケッチしてね,最終的に表紙をつけて,新学期に提出した。

現物は無くなったけど,今でも赤インクと青インクで染色して見た松葉の断面なんて,鮮烈に記憶に残ってますねぇ。

おもしろ動画。

こんなの見つけました。笑っちゃいました。作者は中学生だそうで,その年頃だとこういうことやってると楽しいだろうなぁと,思います。

[turizuki日記]100体のマルウェアでセキュリティテスト_Security is tested with 100 malwares

MSのsecurity essentialsについては,動画見ながら噴き出しちゃいました。片手間だからね。
他にも有料のとこで,お金もらっちゃいけないんでない?と,思っちゃうとこもありますね。 (苦笑い)
まだまだ,見てみたいソフトはあるけど,労作に拍手。パチパチパチ。

追記:TODOSに投稿した文の引用です。ここにも,書いておいた方がいい内容かなと思いまして。
——————————————————————————————————————————
みなさん,りりさん,おはようございます。

> http://www.av-comparatives.org/images/stories/test/ondret/avc_report25.pdf

はい,もちろん検体数は比べものになりません。

それから,上のリポートのためのテストの条件やFAQは
http://www.av-comparatives.org/seiten/ergebnisse/methodology.pdf
にまとめられています。

まぁ,でもなかなか読んでもらえませんしね。読むのも結構大変です。
いいとこ,これらの結果をまとめたニュースを見るくらいじゃないですか。

私がいつもよく見ているブログの主さんが,一番注意を促したい方々にアラートが届かないと書いておられます。
その意味では,彼/彼女の動画はクリーンヒットではないかと思うわけです。

検体数が少なくテスト条件もはっきりしない割には,順位もそこそこまともですし。

なにより,「セキュリティ!難しい!」と思われる方でも,結構抵抗なく見ていただけるのではないかと思うのです。
——————————————————————————————————————————

本家のお世話。

昨日,本家のサーバのApacheをアップデートしました。apache_2.2.14 から 2.2.15 へ。直前のこの記事 (Apache HTTP Server Vulnerability Advisory for Adobe Flash Media Server Customers) のせいね。

ついでに,久しぶりに翻訳文もアップした。こちらにドップリだったので,本家の翻訳はほぼひと月ほったらかし。これでまた,しばらく放っておいてもいいかな。

Apache HTTP Server Vulnerability.

今日は,Apacheの脆弱性です。Apache HTTP Server Vulnerability Advisory for Adobe Flash Media Server Customers
まぁ,脆弱性なんてどれにだってあるんだけど,それを狙うマルウェアが増えに増えているのが問題だよね。

嫌な時代になったもんだと,古き良き時代へのノスタルジーに駆られます。
Apache 2.2.15 がリリースされてるから,早急に自宅サーバのお世話をしなくちゃね。パッチあての方がいいかなぁ。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (981374)

表題のことが気になっている。

ごぞんじのように,3月4日デンバーでIE6の葬儀が行われた。しかし,実際はわが職場でも彼は未だに職務に就いている。ここにしても,本家にしても彼の来訪は頻繁だから,いずこにおいても彼は未だ光のかなたに旅立ってはいないのではなかろうか。

今回の脆弱性についてはすでにゼロデイアタックがあったらしい記述もあり,一般ユーザの対応が気がかりである。

ていうか,実のところ,我が職場のシステム管理者くんの対応が気がかりなんだよなぁ。私は,職場の権限では一般ユーザでアプリインストの権限がない。当然,手動アップデートも不可能である。一般的な対応については自動アップデートの対応がされているのだが,IE8の導入は個々の端末のスペック等のからみもあるのか,手動でやらないといけないんだよね。先日のADOBE READERのゼロデイのときにも,いろいろ話をしてようやく彼の重い腰を上げさせたんだけど,昨日,私が日ごろ使わない端末からログインしたら,先日言ったことが実行されていなかった。ということは,目につくとこだけやったということだよなぁ。やれやれである。

昨日,もう一度話をしたというか,脅しといたんだけど,どのくらい分かっているのか?

とーーーーーーーーーーーっても心配。